澤村投手がプロ入り初勝利

プロ野球は今日も6試合が予定通り行われました。
甲子園球場ではタイガースvsジャイアンツの伝統の一戦。

1戦目はタイガース、2戦目はジャイアンツと1勝1敗で迎えた3戦目。
勝って今カード勝ち越しを決めるのは、どちらか。
先発はタイガース・岩田、ジャイアンツ・澤村の両投手。

試合は両先発投手の投げ合いで5回まで両チームゼロ行進。
タイガース・岩田投手は立ち上がりから好調な投球。
対するジャイアンツ・澤村は立ち上がりこそ不安定だったが、中盤から徐々に調子を上げる投球。

6回表にジャイアンツは、先頭の澤村投手が四球で出塁したのをきっかけに一死満塁のチャンス。
ここで4番・ラミレス選手がレフト前ヒットを打って2点を先制。
その後も、満塁と追加点のチャンスを継続するが、後続が続かず2点で攻撃終了。

その裏にタイガースは5番・ブラゼル選手のタイムリーで1点を返し、尚も無死二塁と同点のチャンスを作るが、澤村投手が後続を絶ってタイガースの攻撃は1点で終了。
ジャイアンツが8回に1点を追加して、そのまま3-1で逃げ切り試合終了。
ジャイアンツの先発・澤村投手はプロ入り初勝利。

今日の試合もTV観戦。
両チームの先発投手の投げ合いは見応えありました。
澤村投手を実際に観るには初めてですが、噂に違わぬ好投手ですね。
ストレート、スライダーと武器になる球種を2つ持っていて、初めての甲子園球場でも物怖じしない度胸。
オープン戦から結果を出しているのも頷ける投球内容でした。

それと、何か甲子園の雰囲気がTVから観ても変な雰囲気でしたね。
昨日の今日だけに仕方ないとは思うが、いい試合を観戦するには、観客もいい雰囲気を作らないといけないのですが、今日の甲子園球場は、いつもより異質な雰囲気に感じました。

この3連戦は2勝1敗でジャイアンツの勝ち越し。
昨年は打撃戦になる事が多かったカードですが、この3連戦はともにロースコアの接戦で両チームともにホームランはなし。
やはり統一球の影響は大きいようです。

セ・リーグは昨年の覇者・ドラゴンズが最下位に喘ぐ一方で、カープが6連勝で単独首位。
まだペナントレースが始まったばかりですが、今年のセ・リーグは一波乱も二波乱もありそうです。