2011年Jリーグ開幕

今日から2011年Jリーグが開幕。
これから約9ヶ月間の長い戦いが始まります。

昨シーズンの覇者・名古屋グランパスは、ホーム・豊田スタジアムにて横浜Fマリノスとの対戦。
試合はマリノスが後半18分1点を先制して、後半もロスタイムへ突入。
ロスタイムも目安の時間に迫った来た中でグランパスがPKを獲得し、FW・ケネディ選手がPKを決めて同点。
試合は1-1のドロー。

マリノスとしては、ほぼ手中に収めていた勝ち点3を逃してしまった形。
一方で負け試合を引き分けに持ち込んだグランパスとしては昨年の覇者の意地を見せた形。
途中出場した新人・永井選手投入が試合の流れを変ましたね。
PKも彼のスピードで得たものだし、ほとんどのクラブで獲得しようとしたのもわかる気がします。

その他のJ1の試合結果は以下の通り
磐田1-0甲府
広島0-0仙台
G大阪2-1C大阪
新潟3-0福岡
川崎2-0山形
柏3-0清水

柏が清水に3-0で快勝した試合結果が意外でしたが、それ以外の試合は順当な結果と観た方がいいのか。
もっともエスパルスは監督も選手も大幅に抜けたせいか、随分と酷いサッカーをしているように見えたが(汗)
昇格組で勝利したのは柏レイソルのみ。
甲府と福岡が次節に直接対決する予定なので、どちらが勝利するのか注目ですね。

「隣の芝生は青い」と言うけど、レッズのPSMの試合内容を観ていると、どのチームもいいサッカーをしているように見えてしまう・・・。
特に次節に対戦するガンバのサッカーを見ていると、来週のホーム開幕戦は悲惨な結果が待っているような予感がしてならない。
それにしても、ガンバはセレッソからアドリアーノ選手獲得ですか。
相変わらず他クラブの外国人ストライカーを引き抜くのが、お好きなようでw

明日のJ1はヴィッセル神戸vs浦和レッズ、鹿島アントラーズvs大宮アルディージャの2試合。
レッズとしては昨年の最終節で大敗を喫しJ1残留をアシストしてしまった相手。
私は神戸には行けませんが、PSMの不甲斐ない試合内容を払拭してくれるような試合を見せてほしいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 週刊サッカーダイジェスト 2011J1&J2選手名鑑 2011年 3/30号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル