お粗末過ぎる東京電力の対応

日に日に危機的な状況にあるとされている福島原発。
震災は天災だけど、福島原発問題に関しては、完全に東京電力と政府による人災でしょう。

東京電力は30日、清水正孝社長が入院したと発表した。東電によると、入院したのは29日夜で、高血圧と極度のめまいが原因という。福島第1原子力発電所に収束の見通しが立たない中で、トップが入院するという異例の事態となる。
清水社長は16~21日の5日間、心労による体調不良で、東電内に設置された原子力緊急時対策本部を外していた。清水社長は東電の対策本部の本部長で、政府と東電で立ち上げた福島原発事故対策統合本部の副本部長を務めているが、13日の記者会見を最後に、公の場に姿を現していなかった。(産経新聞)

東京電力の勝俣恒久会長は30日に記者会見し、東日本巨大地震で事故を起こした福島第一原子力発電所の1~4号機について廃炉する方針を明らかにした。
勝俣会長は体調不良で入院した清水正孝社長に代わって会見した。第一原発の1~4号機について「恐らく廃止せざるを得ないと考えている」と廃炉を初めて明言した。5~6号機については言及を避けた。(読売新聞)

雲隠れしているとさえ言われていた東電の清水社長。
とうとう入院されてしまいましたか(汗)
福島原発内では自らの命の危険を顧みず、非常にに劣悪な待遇をされているにも関わらず、必死に危機回避しようと努力してる協力会社の人達が頑張っている中で病院で入院ですか。
やっている事が政治家みたいですな。
入院ではなく逃亡でしょう(絶句)

もっとも、今のタイミングで出て来たところで、誹謗中傷を受けるのは確実だし、下手すれば銃口を向けられていてもおかしくありません。
そのまま、社長の座も退任すればいいのではないでしょうか。

社長に代わって、会長が記者会見の席に出ていましたが、第1原発の1号機から4号機にかけて廃炉にする方針を表明。
今更、何言っているんだって気持ちです。
それに「恐らく」じゃなく、「間違いなく」でしょう。
今回の後手後手の対応のせいで、福島原発周辺の住民の生活は奪われ、福島県に物資が届けられない現状。
挙句の果てには、世界から「今、世界でもっとも危険な国」とまで言われている現状。

枝野幹事長は5号機と6号機も廃炉になるだろうと、東電会長の会見の後でコメントを残している。
もう、政府と東電の意思疎通すらされていない末期症状。

政府も、何で原発事故発生時にアメリカからの救援要請を断ったりしたのか。
日本よりもアメリカの方が原子力に強い専門家や技術者が多い筈。
そんなにメンツや体裁が大事なのでしょうか?

自分の考えとしては、報道されていないだけで、現場はとんでもない事になっているのではないかと思います。
最悪の場合、チェルノブイリクラスの原発事故にまで発展してしまうかもしれませんよ。
そうなったら、復興どころではなく、逆に日本全国が被災地になってしまう。
何とか現状の危機を打破出来ないものでしょうか・・・。


原子力発電がよくわかる本
オーム社
榎本 聰明
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原子力発電がよくわかる本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル