小沢一郎 強制起訴

民主党元代表の小沢一郎氏が陸山会事件を巡って強制起訴されました。
国会議員の強制起訴は初めてのケースになるそうです。

小沢一郎・民主党元代表(68)の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、検察官役の指定弁護士は31日、東京第5検察審査会の起訴議決(昨年9月14日付、10月4日公表)を受け、小沢元代表を同法違反(虚偽記載)で起訴した。09年5月施行の改正検察審査会法に基づき政治家が強制起訴されたのは初めて。小沢被告は無罪を主張する方針だが、離党や議員辞職を求める声が高まるとみられる。(毎日新聞)

これまで何度も小沢氏に対して不起訴となっていましたが、今回は強制起訴。
何で今頃になって、こういう行動に出たのかはわからないが、何にしても小沢氏にとって正念場が訪れたと言っていいでしょう。

小沢氏は会見の席では無実を主張。
離党も議員辞職もしない事も表明しています。
これまで、問題が出る度に無実を主張し続けていますが、強制起訴された事を考えると、どこまで本当の事を言っているのか、甚だ疑問です。

今回の小沢氏強制起訴を受けて、菅首相は離党勧告などの処分を民主党役員会で協議する考えを表明しているようだが、小沢氏を支持する議員と反小沢派の間での内部分裂を恐れている様子。
最早、民主党は与党として機能していないように感じますよ。

これから、どのような方向に傾くのかわかりませんが、小沢一郎の処遇を巡って政界も忙しくなっていくでしょう。
とにかく真実を明らかにしてほしいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小沢一郎50の謎を解く (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル