83回目のセンバツ切符

3月23日開幕に開幕する第83回選抜高校野球大会の出場校32校が決定。
寒い日が続いていますが、センバツの話が出ると春の訪れを感じます。

出場32校は以下の通り
▼北海道
北海(16年ぶり12回目)

▼東北
東北(3年ぶり19回目)
光星学院(2年ぶり5回目)

▼関東・東京
浦和学院(6年ぶり7回目)
東海大相模(2年連続9回目)
横浜(3年ぶり13回目)
水城(初出場)
前橋育英(初出場)
日大三(8年ぶり17回目)
国学院久我山(26年ぶり3回目)

▼東海
大垣日大(2年連続3回目)
静清(初出場)

▼北信越
金沢(7年ぶり9回目)
日本文理(2年ぶり4回目)

▼近畿
天理(4年連続21回目)
履正社(3年ぶり3回目)
智弁和歌山(2年連続10回目)
報徳学園(2年ぶり18回目)
京都成章(13年ぶり2回目)
加古川北(初出場)

▼中国
関西(3年ぶり10回目)
創志学園(初出場)
総合技術(初出場)

▼四国
明徳義塾(3年ぶり14回目)
香川西(初出場)

▼九州
鹿児島実(15年ぶり8回目)
九州国際大付(29年ぶり2回目)
九州学院(9年ぶり4回目)
波佐見(初出場)

★21世紀枠
大館鳳鳴(初出場)
佐渡(初出場)
城南(初出場)

初出場は21世紀枠含めて11校、連続出場は4校、10回以上の出場回数を誇る高校は9校。
今大会の最多出場校は天理の21回目。

久しぶりの出場校も多いのも、今大会の特徴ですねw
鹿児島実が15年ぶりというのが意外でした。

中国地区から選出された創志学園(岡山)は創部わずか1年で甲子園切符。
どうやら史上最速での甲子園出場らしい。
どのような高校なのかはわかりませんが、要注目ですねw

21世紀枠で選ばれた高校は、大館鳳鳴、佐渡、城南の3校。
個人的には、昨年から畜産業や自然災害によって被害を受けている宮崎県から21世紀枠に選出された西都商が選ばれると思っていたのですが・・・。
今冬の日本海側は厳冬ですが、その地域から選出された大館鳳鳴と佐渡の2校には一冬越えて逞しくなった姿を甲子園で見せてくれるでしょうか。

埼玉県からは浦和学院が6年ぶりにセンバツ出場。
春日部共栄は残念ながら選ばれず。
昨秋の関東大会を制した浦学ですが、甲子園での勝利は暫く遠ざかっている状態。
今度のセンバツでは、久しぶりの甲子園勝利が観たいですよ。

組み合わせ抽選は3月15日、開幕は3月23日。
3月は、まだまだ先ですが、今からセンバツが待ち遠しいです。


ありがとう
ERJ
2010-05-05
いきものがかり
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ありがとう の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル