映画「ソーシャル・ネットワーク」

話題の映画「ソーシャル・ネットワーク」を鑑賞しました。

この映画は、世界最大のSNS「Facebook」誕生の裏側を描いた伝記ドラマ。
ハーバード大学在学中にFacebookを立ち上げた主人公たちが、一躍有名人となり巨万の富を築くものの、金や女、裏切りの渦に巻き込まれていく様を映し出す作品。

ストーリーは、2003年、ハーバード大学の学生であるマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグ)は、学内で友人を増やすためのサイトを親友のエドゥアルド・サヴェリン(アンドリュー・ガーフィールド)と共に立ち上げる。
サイトは瞬く間に学生たちの間に広がり、ナップスター創設者ショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイク)との出会いを経て、社会現象を巻き起こすほど巨大に成長していく。

アメリカでは評価の高い映画と言う事で、公開初日に劇場まで足を運んで鑑賞しましたが、中身が濃く見応えのある映画。
上映時間120分も短く感じる程でした。

主人公の大学生・マーク・ザッカーバーグは天才的な頭脳を持つが、性格に問題があって、人間としての常識がゼロ。
会話でもマークは一方的に話すだけで、相手の事などそっちのけ。
コミュニケーション能力に欠けていて、人付き合いも下手な人物。

冒頭で恋人であるエリカ(ルーニー・マーラ)との会話のシーンでも、自己中心的な考えばかり主張して、恋人から愛想をつかされてしまうのだが、その振られた腹いせにマークは自身のブログでエリカの悪口を書いてネット上に公開してしまう始末。
それだけでは気がすまないマークは、大学の女子学生の写真をネットに公開し、ランク付けするプログラムを短時間で組んでしまう。
これがアクセス過多によって、大学内のサーバーをダウンさせてしまう程の大反響を読んでしまう。
これがきっかけとなって、マークの人生に大きな変化が訪れる。

詳細を書くのは、ここまでにしておきますが、色々と考える事が多い映画でした。
現在はブログ、SNS、Twitterとネットでの交流手段は多々ありますが、2003年は、ブログも普及していなく、SNSなどはなかったと思う。
その御時世で、自らの天才的なプログラム技術によって「フェイスブック」を立ち上げてしまうのだから、やはりマーク・ザッカーバーグは天才なんだと思います。

「フェイスブック」によってマークは成功を得るが、一方で、その強引なやり方によって敵を作ったり、友人が離れたりしまったり。
ラストでマークがエリカのプロフィールを、何度もクリックしている姿を見て、マークは何を考えていたのかが気になってしまいました。

億万長者となり、いろいろな問題を金で解決したマークでしたが、人間の心までは金では解決出来なかった事を物語っていたのだろうか?
逆に、そんなマークの姿を見て人間らしい一面を見る事が出来た分、救われた気持ちになりました。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル