映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

先日、話題の映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を鑑賞。

この作品は、国民的アニメの金字塔として、1974年の放送当時から長年にわたって愛されてきたテレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト」を実写映画化。
地球からはるか彼方のイスカンダル星を目指し、古代進ら宇宙戦艦ヤマトの乗組員たちが戦いの旅を繰り広げる。
VFXチームを率い、最新技術を駆使したCG映像に注目。

ストーリーは、2194年、外宇宙に突如として現れた敵・ガミラスが地球への侵攻を開始し、人類の大半が死亡してしまう。
5年後、地球が放射能で汚染される中、かつてエースパイロットとして活躍していた古代進(木村拓哉)は、はるか彼方のイスカンダル星に放射能除去装置がある事実を知り、宇宙戦艦ヤマトで仲間と共にイスカンダル星へ向かう。

伝説のアニメを実写化。
1974年っていうと自分が生まれる前から放送していたという事ですか。
確かに「宇宙戦艦ヤマト」の知識ってほとんどないなぁ・・・。

知識がないながらも、キャスティングも何だかミスマッチに思えて微妙だったのですが、いざ鑑賞してみて、出来は可もなく不可もなく。
VFXに関しては素晴らしかったですね。

主役の古代進役に木村拓哉、ヒロインの森雪役に黒木メイサ。
アニメ版の2人がどのような性格なのかは知らないけど、アニメを知っている世代の話では映画版は性格が異なっているようで・・・。
当初は反発しあっていたけど、やがて惹かれ合うってラブコメみたいな展開だったが、アニメとは異なる展開にするのも、また面白い設定になっているのかも。
むしろ、沖田艦長演じた山崎努とか、戦死した古代の兄を演じた堤真一とか脇役の方が豪華キャストに思えるのは何故だろう・・・。

目的を果たすべくイスカンダル星へと旅立ち、そして到達するが、目的を果たした一方で多くの仲間を失ってしまう。
地球の為にガミラスと戦い続けた古代とヤマトの乗組員達の絆は強かったし、古代が下した最後の決断も非常に勇気がいる事だと思う。
実際に、あのような出来事に居合わせる事はないだろうが、アニメの人気が高かったのも多少ながらもわかるような気がします。

ツッコミどころの多い作品であったけど、個人的には楽しんで観る事が出来る作品でした。
ただ、タイトルは普通に「宇宙戦艦ヤマト」にした方が良かったのでは(謎)
最後に、公開直前に事故で亡くなられたプロデューサー・西崎義展さんのご冥福をお祈りいたします。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 1/500 宇宙戦艦ヤマト (宇宙戦艦ヤマト) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル