映画「ノルウェイの森」

映画「ノルウェイの森」を鑑賞。

この映画は、1987年に刊行されベストセラーとなった村上春樹の代表作「ノルウェイの森」を映画化。
亡くなった親友の恋人との関係を通し、主人公の青年の愛と性、生と死を叙情的につづった作品。

ワタナベ(松山ケンイチ)は唯一の親友であるキズキ(高良健吾)を自殺で失い、知り合いの誰もいない東京で大学生活を始める。
そんなある日、キズキの恋人だった直子(菊地凛子)と再会。二人は頻繁に会うようになるが、心を病んだ直子は京都の病院に入院してしまう。
そして、ワタナベは大学で出会った緑(水原希子)にも惹かれていく。

村上春樹氏のベストセラー小説の映画化。
1987年と言えば、当時の私は小学生。
村上作品は何作か読んでいますが、「ノルウェイの森」の原作は未読。

今回の映画を鑑賞して、全体的な感想としては、「これがベストセラー小説なの?」と思うような重く暗い内容で、登場人物の中に共感する様な人物もいなかった。
当時の時代背景がそうなのかどうかわからないが、とにかく現実的な話でもなかった。
R指定の映画だったが、確かにR指定ものの内容でしたね(汗)

作品名が「ノルウェイの森」なので、ノルウェーが舞台なのかと思いきや、ストーリーの舞台は日本国内。
「ノルウェイの森」というタイトル名はどこから出て来たのだろうか?

内容はともかくとして、主演のワタナベを演じた松山ケンイチ。
影のある男を演じていましたが、それでも存在感は魅せてくれました。

そのワタナベに直子と緑の2人の女性が寄ってくる。
直子は引っ込み思案な女性に対して、緑は活発的な女性。
全く性格が正反対の女性に対して、ワタナベが共に惹かれてしまう。
要するにワタナベは優しい男だと言う事でしょうか?
それとも優柔不断?

この映画で一番良かった点を挙げるとなると、日本の豊かな四季を映像で伝えていた事。
海外でも配給される作品なので、外国人で鑑賞する人には日本の四季を感じ取ってほしいです


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノルウェイの森  上下巻セット (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル