GPファイナル 織田2位、小塚・村上3位

中国・北京で行われたフィギュアスケートのGPファイナル。
男子で織田信成選手が2位、小塚崇彦選手が3位、女子でシニア初出場の村上佳菜子選手が3位でフィニッシュしました。

まずは女子から。
前日のSPで3位に入った村上選手。
フリーでも無難な演技で2位となり総合3位。
2位のカロリーナ・コストナー選手との得点差は、わずか0.01点差。

バンクーバー五輪5位の安藤選手も今回のGPファイナルに出場。
SPで転倒するなど5位と不本意な結果だったが、フリーでは完璧な演技を見せて、122.70点という高ポイントをマークしてフリーでは1位。
しかし、SPの出遅れが響いて総合では5位。
鈴木明子選手も無難な演技を見せたが、表彰台には届かず総合4位でフィニッシュ。

女子の優勝者はアメリカのアリッサ・シズニー選手。
日本人では3位・村上、4位・鈴木、5位・安藤という結果でした。

そして男子。
SPで首位に立って男子としては日本人初優勝をかけたフリーに臨むが、2度の転倒が響き得点が伸びず順位を落として総合2位でフィニッシュ。

SP4位の小塚選手は逆転の表彰台をかけて挑み、順位を上げて総合3位で表彰台に立つ事が出来ました。
一方、バンクーバー五輪銅メダル、世界選手権金メダリストの高橋大輔選手はSP、フリーともに精細を欠き総合4位でフィニッシュ。

男子で優勝したのはカナダのパトリック・チャン選手。
日本男子のGPファイナル初制覇は、今回も手が届きませんでした。

男女合わせて3人が表彰台。
日本のフィギュアスケートの層の厚さを示す成績。
しかし、男女とも優勝を逃がしたのは残念ですが、優勝出来なかった事を悔しがるなんて以前は考えてもいなかったと思いますw

シニア初出場の村上選手は堂々の3位。
最近、TVでも取り上げられる事が多く注目していましたが、今後の活躍に期待が持てる選手です。
浅田真央、キム・ヨナの2人が不在の大会でしたが、それでも3位という結果には大きな自信を身につく筈です。

その浅田選手は不調による代表落ち。
スポーツニュースでも見ましたが、滑りを見ているとスランプはかなり深刻な様子。
しかし、その浅田抜きでも好結果を残せたのだから、浅田とてうかうか出来ないですね。


最新!フィギュア・スケート・ミュージック 2010~2011
キングレコード
2010-10-06
オムニバス(クラシック)
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 最新!フィギュア・スケート・ミュージック 2010~2011 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル