延長11回の激闘 ドラゴンズ粘り勝ち

2009年日本シリーズ第4戦。
千葉ロッテマリーンズvs中日ドラゴンズの第4戦は、今日も千葉マリンスタジアムでプレーボール。

マリーンズの2勝1敗で迎えた第4戦。
マリーンズが勝って本拠地胴上げに王手をかけるか、それともドラゴンズが勝ってタイとしてナゴヤドームで再び試合を行える状態に出来るか。
先発はマリーンズ・唐川、ドラゴンズ・山本昌の両投手。

試合は3回にマリーンズが一死二塁から1番・西岡選手が三塁線を破る二塁打を打ち先制し、二死後、3番・井口選手がライトスタンドへ飛び込む技ありのホームランで3点を先制。
ドラゴンズの先発・山本昌投手はこの回で降板し、またしてもシリーズ初勝利ならず。

しかし、ドラゴンズは4回に3番・森野、4番・和田の連続長打で1点を返して、マリーンズ先発・唐川投手をKOし、2番手・古谷投手から野本選手が犠牲フライを打って1点差に詰め寄り、5回にも1点を返して同点に追いつき、試合は振り出しに。

その後は両チームの中継ぎ投手陣の踏ん張りで均衡が破れず、3-3で同点のまま、試合は延長戦へ。
延長10回裏にマリーンズは9回途中から登板の浅尾投手から、相手の守備の乱れなどもあって一死満塁とサヨナラのチャンス。
ここでドラゴンズベンチは浅尾投手から左腕・高橋投手へ交代。
その高橋投手が福浦選手を併殺打に抑えてサヨナラ負けのピンチを脱する好リリーフ。

絶体絶命のピンチを凌いだドラゴンズは11回に二死二塁から大島選手がセンターオーバーのタイムリー三塁打を売って、とうとう勝ち越し。
その裏のマリーンズの攻撃を高橋-岩瀬のリレーで逃げ切り試合終了。


延長11回の、試合時間5時間近い激闘はドラゴンズが4-3でマリーンズに勝利し、これで対戦成績は2勝2敗のタイに。
この時点で決着は6戦以降のナゴヤドームまで持ち込まれる事になりました。

両チームの先発投手が早い回で降板し、継投での凌ぎ合いとなったゲームでしたが、結果的にはドラゴンズが中継ぎ陣の層の厚さを見せての粘り勝ち。
特に9回、10回のサヨナラのピンチを凌いだ事が、結果的にドラゴンズ勝利に繋がった要因かと思われます。

3点先制されたが、この試合は序盤からドラゴンズペース。
しかし、2度の牽制死や併殺打など拙攻の連続。
守備でも延長10回に名手・英智選手の判断ミスでピンチを広げるなど、ミスが多かったのもドラゴンズ。
それでも勝てたのはドラゴンズにとって非常に大きな1勝。
これで名古屋に戻れるわけですから。
ただ、井端、ブランコの2選手の起用方は再考する必要がありかな(汗)

3回に3点を先制しながら追いつかれ、最後は力尽きたマリーンズ。
リーグ戦で長期離脱していた唐川投手の先発が結果的には裏目に。
立ち上がりからキレもコントロールも今ひとつだったし、調子が悪かったのは明らか。
そんな唐川投手を先発で使わざるを得なかったマリーンズの台所事情の厳しさも感じてしまいました。

明日の第5戦も、千葉マリンスタジアムでプレーボール。
どちらが王手をかけるのか。
自分も明日、千葉マリンスタジアムへ観戦します。
気温は寒そうだけど、熱い試合を観たいですよw
133キロ怪速球 (ベースボール・マガジン社新書)
ベースボールマガジン社
山本 昌
ユーザレビュー:
50歳まで投げ続けて ...
読んでいて昌さんの声 ...
まじめなひと 200 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 133キロ怪速球 (ベースボール・マガジン社新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル