北朝鮮が韓国に砲撃

北朝鮮がとんでもない事をやらかしました。

韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮軍は23日午後2時34分、黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)の南約3キロ・メートルにある韓国北西部・延坪島(ヨンピョンド)に向けて数十発の砲撃を行い、一部が着弾した。
韓国軍も応戦した。同島の韓国海兵隊員2人が死亡、16人が負傷したほか、島民3人も負傷した。1953年の朝鮮戦争休戦後、北朝鮮が韓国の陸上の目標を攻撃したのは初めてで、露骨な敵対行為に国際社会の非難が高まっている。
韓国軍も対抗射撃を行い、砲弾80発余を発射した。約50分間、交戦状態に陥った。
同島では住宅火災や山火事が数か所で発生し、住民約1700人は島内の防空壕(ごう)や、東方約120キロ・メートルの仁川(インチョン)に避難した。(読売新聞)

現地の映像をニュースで見たのですが、島のアチコチから煙が出ているのをみて、「戦争でも始めたのか?」と思ってしまいました。
事実、北朝鮮と韓国は過去にも戦争をやらかしているわけですから。

しかし、何で北朝鮮はこのようなバカな真似をしたのだろうか?
こんな事したら国際社会からバッシングを受けて孤立するだけなのに。
韓国側にも何か問題があるのかもしれないが、先に手を出した時点で、明らかに北朝鮮に非がある。
ごく普通に暮らしていた島の住民達も、いきなり砲撃を受けて怖い思いをしたかと思います。

北朝鮮と韓国の両国関係は、現在は休戦状態であるらしい。
つまり、いつ戦争が始まってもおかしくないと言う事か。
日本の隣国で戦争が起きるなんて想像したくないですね。
下手すれば巻き込まれてしまうかもしれないわけだから。

当然、日本政府も万が一に備えて然るべき対応をしなければいけないのですが、肝心の菅首相は「報道で知った」と、まるで他人事のようなコメント。
先の法相辞任問題といい、本当に民主党政権は末期状態。
菅首相の辞任も近いかな・・・。

韓国とて、やられっぱなしでは済まない筈。
どっちにせよ、朝鮮戦争勃発だけは勘弁してほしいね。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 朝鮮戦争―米中対決の原形 (中公文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル