ロビーの涙

Jリーグ第30節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて京都サンガFCとの対戦。

現在、3連敗中のレッズ。
相手は、この試合に負ければ降格が決まってしまう京都サンガ。
どちらも負けられない試合。
画像

今日、11月14日は埼玉県民の日。
3年前の埼玉県民の日にACL優勝を決めたのだが、まだ3年しか経っていないのに、すっかり昔の出来事のように思えてしまうのは何故だろう?

スタジアム入りする前にイオン浦和美園店で買出しに行ったのですが、そこで有名な地方の弁当や菓子が売っていて、その中に「おたべ」の生八つ橋を発見。
今日の相手が京都なので、買って試合前に食べましたw
画像

レッズのスタメンは内転筋を痛めた細貝選手が欠場し、鈴木啓太選手が久しぶりのスタメン。
前節は累積で出場停止だった宇賀神選手も2試合ぶりのスタメン。
そして、リザーブながらポンテ選手が久しぶりの戦列復帰。

試合は、前半25分にFW・エジミウソン選手がゴールを決めて先制。
後半に入ると、京都に攻め込まれる場面が多くなるが、GK・山岸選手の好守などで凌ぐ展開。
後半も1-0のままロスタイムに突入するが、後半46分に途中出場のポンテ選手が技ありのゴールを決めて待望の追加点。

浦和レッズが京都サンガFCに2-0で勝利し、連敗を3でストップ。
一方、敗れたサンガはJ2降格が決定。
最下位の湘南ベルマーレも清水エスパルスに0-5で敗れたので、こちらもJ2降格が決定。
それにしても、「得点・小野伸二 前半58分」って日本平の前半に何が起こったのだろうか?
画像

ヒーローインタビューはダメ押しゴールを決めたポンテ選手。
しかし、ポンテ選手の目からは涙が・・・。
インタビューでは意味深な発言があり、レッズのユニを着たポンテを観るのは今季で最後なのかなと感じてしまいました。
勝ったのは嬉しいけど、あのヒーローインタビューを見て、一体、レッズは何処へ向かっていくのだろうという気持ちも生まれてしまいました。

余談ではあるが、来年のレッズカレンダーにおいて、1月を飾っているのがポンテ。
ちなみに昨年の1月を飾ったのは永井雄一郎であり、今年の1月を飾ったのは闘莉王である(爆)
変なジンクスが出来てしまわないか心配です。

ずばり個人的な意見を言わせれば、来季もロビーは必要な選手です。
確かに年齢から来る衰え、1年間フルに戦える体でなくなっているのは承知だが、彼の存在感の大きさは3連敗中に味わっているし、今日の試合にしてもポンテありきを証明したような試合内容。
でも、これはポンテとクラブの間で決める問題。
両者には、誰も納得するような賢明な話し合いを臨みたいです。
画像

一方、降格が決まった京都サンガFC。
負けたというのに、何か淡々としていましたね。
ゴール裏のサポに対しての挨拶もそっけなかったし・・・。
本来なら泣きたいのはそっちの方じゃないのか?

次節はホーム・埼玉スタジアムにてガンバ大阪との対戦。
相手は上位チームであり、いわば格上のチーム。
アウェーの試合では、土壇場で勝ち越し点を奪われて負けているので、ホームできっちり借りを返してやりたいです。