2010年ドラフト会議

プロ野球の大学・社会人ドラフトが都内のホテルで主催。
注目の選手達の交渉権が確定しました。

各球団の1位指名選手は以下の通り
横   浜:須田 幸太(JFE東日本)
楽   天:塩見 貴洋(八戸大)
広   島:福井 優也(早大)
オリックス:後藤 駿太(前橋商)
ヤ ク ル ト:山田 哲人(履正社)
日本 ハム:斎藤 佑樹(早大)
巨   人:沢村 拓一(中大)
ロ  ッ テ:伊志嶺翔大(東海大)
阪   神:榎田 大樹(東京ガス)
西   武:大石 達也(早大)
中   日:大野 雄大(仏教大)
ソフトバンク:山下 斐紹(習志野)

複数球団が指名したのは、斎藤佑樹投手と大石達也投手の早大コンビ。
斎藤投手には4球団、大石投手には6球団が指名。
一方で、上記2投手と同等の評価を受けていた、中大・沢村投手は巨人、仏教大・大野投手は中日がそれぞれ単独指名で交渉権獲得。
注目の抽選では、大石投手が西武、斎藤投手は日本ハムが交渉権を獲得。

西武は、昨年の菊池雄星投手に続いて6球団競合の末の交渉権。
昨年は1番クジでしたが、今年は残りクジ。
渡辺監督もしてやったりでしょうけど、西武ファンからすれば、そのツキをシーズンに回せと言いたくなるかもしれませんw

昨年、今年と抑えに泣いた西武とすれば、大石君はうってつけの投手ですが、渡辺監督は抽選後のコメントで先発で起用する事を考えているとか。
いずれにしても、西武は強運ですねw

4年前の甲子園優勝投手である、早大・斎藤投手は日本ハムが抽選権。
日本ハムといえば北海道だが、斎藤君は駒大苫小牧の3連覇を阻んだ投手なのだから、北海道ではヒールなのではないだろうか?
むしろスター扱いされるよりは、やりやすいか(汗)
それにしても、ヤクルト、ロッテは春先から1位指名を公言していたのに、ギリギリまで1位指名を決めなかった日本ハムにさらわれるとは・・・。

大石、斎藤両投手と互角の評価だった中大・沢村投手は巨人が単独指名。
単独指名は正直意外でしたね。
中大の野球部監督は巨人OBで、巨人には阿部、亀井といった中大OBがいるので、沢村君にとってはいい環境なのかなと思います。
巨人・沢村といえば伝説の投手と一緒ですね。
背番号も永久欠番になっている14だったりして(笑)

左肩を故障して秋季リーグ戦での登板がなかった仏教大・大野投手は中日が単独指名。
投手王国の中日からすれば、1年目から活躍を期待するより、肩をしっかり治してから、2年目以降の飛躍を期待していそう。
こういう点でも、中日という球団のしたたかさを感じてしまいます。

今回の1位指名では、オリックスが3回も外したり、ヤクルトも2回外すなど、例年では見られないような光景が。
何だか山田選手や後藤選手も複雑でしょうね。
1位指名だけど、2回もしくは3回外しての1位って肩書きがつくのだから・・・。
もっとも、指名順位がそのままプロ入り後に結果として比例しないのがプロの世界なので、1位指名の選手は勿論ですが、下位指名の選手も頑張ってプロを代表する選手になってほしいです。

今年は大学生投手が豊作と言われたドラフトですが、実際に大学生投手中心のドラフトとなりました。
現在の大学4年生と同世代で、今やプロを代表する選手に成長しているのは、田中将大・坂本勇人・前田健太らそうそうたる顔ぶれ。
斎藤投手らが、既に先を進んでいる彼らと同じ舞台に立てるか、本当に楽しみです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 野球小僧 2010年 10月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル