またしてもジュビロに連勝止められる

Jリーグ第27節。
浦和レッズは、アウェー・エコパスタジアムにてジュビロ磐田との対戦。

現在、3連勝中のレッズ。
相手のジュビロも好調を維持。
4月のホームゲームで負けている相手なのでアウェーでリベンジしたい試合。

スタメンに宇賀神選手とエスクデロ選手が復帰。
尚、主審の名前を聞いた時は、「えっ?」とは思いましたが、あまり気にはなりませんでしたね。
鹿島戦以降、主審で外れクジばかり引かされていますから(爆)

試合は前半を0-0で折り返し、後半に入るとレッズが後半11分にエスクデロ選手とのコンビネーションからエジミウソン選手が先制ゴール。
しかし、ジュビロに17分に追いつかれ、26分にはCKから那須選手にゴールを決められ逆転。
この1点が決勝点となり、そのまま試合終了。

ジュビロ磐田が2-1で浦和レッズに勝利。
レッズの連勝は3でストップ。
リーグ戦では9試合ぶりの黒星で、ACLがちょっぴり遠のく形となりました。

今日の試合はエコパにも行かず、CS契約もしていないので、ネットで経過を確認する程度。
4月のホームゲームでジュビロに負けた時は連勝を4で止められたが、今度はアウェーで連勝を3で止められてしまいました。
ここ、数年はお得意にしていたジュビロですが、今季はナビスコ含め2敗1分け。

ちなみにエコパでの試合では、5月の清水戦に続いての黒星。
名古屋でも負けているので、鬼門の東海アウェーは3戦全敗という結果に終わってしまいました。

まぁ、連勝はいつか止まってしまう物ですが、出来れば広島、ガンバ、川崎と対戦する11月までは負けなしの記録を継続してほしかったです。
もっとも、今季のジュビロもナビスコ杯ファイナリストだし、ここ数試合負けなしで、リーグ屈指のストライカーがいるので侮れない相手なのはわかっていましたが。

失点シーンは、いずれも守備がばたついての失点。
逆転ゴールを決められたシーンも山岸選手のファンブルから喫した失点。
ここ数試合は守備が安定していただけに悔やまれますよ。

ジュビロとは来月の天皇杯4回戦で対戦。
しかも会場は埼スタ。
天皇杯では、ジュビロにリベンジしましょう。

次節はホーム・埼玉スタジアムでモンテディオ山形との対戦。
連勝の後の連敗だと、同じ事の繰り返しになってしまうので、それだけは避けたいところですね。
最後にエコパまで応援に駆けつけたサポの皆様、ご苦労様でした。


ユーザレビュー:
スポンサーサーラはイ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プーマ ジュビロ磐田 ホーム ユニフォーム サックス×ニューネイビー M の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル