NPB史上最大の下克上 リーグ3位の千葉ロッテマリーンズが日本シリーズ進出

千葉ロッテマリーンズの日本シリーズ進出が決定しました。

パ・リーグクライマックスシリーズファイナルステージ。
福岡ヤフードームにて福岡ソフトバンクホークスvs千葉ロッテマリーンズの第6戦。

3勝3敗のタイで、いよいよ決着は最終戦へ。
リーグ優勝のホークスが勝って日本シリーズ進出を決めるか。
それとも、リーグ3位のマリーンズが勝って、史上初の3位チーム日本シリーズ進出を決めるのか。

先発はホークス・杉内、マリーンズ・成瀬の両投手。
初戦と同じ先発でともに中4日。
初戦は成瀬投手の好投でマリーンズが勝利したが、最終戦では、どちらの投手かチームを勝利に導くか。

試合は両投手の投げ合いで立ち上がりから投手戦の様相。
両チーム無得点で迎えた5回表にマリーンズが二死から連打と四球で満塁として、ここで杉内投手が連続押し出し四死球を与え、5番・今江選手に2点タイムリーを打たれて一挙4点を取られKO。

ホークス打線も成瀬投手の前に手も足も出ずチャンスすら作れない貧打。
8回にマリーンズに大松選手の2ランが飛び出しなど3点を奪われダメ押し。

マリーンズの先発・成瀬投手は2度目の中4日での登板ながら、前回登板同様の安定感ある投球。
ホークス打線を散発4安打に抑え完封。

最終戦までもつれたCSファイナルステージ最終戦は千葉ロッテマリーンズが7-0で福岡ソフトバンクホークスに完勝。
これでパ・リーグの日本シリーズ進出チームは、千葉ロッテマリーンズに決定しました。
3位チームの日本シリーズ進出は史上初。

王手をかけられてから3連勝の逆転劇で日本シリーズ進出を果たしたマリーンズ。
個人的にはCS反対派なので、今回の結果は複雑なのですが、絶対に負けられない戦いの連続と言う過酷な状況を乗り越えての日本シリーズ進出は見事とも思ってしまっています。

故障から戻ってきた里崎選手と成績不振で2軍落ちしていた渡辺俊介投手が第1ステージ、ファイナルステージともチームの勝利に貢献していた事も大きいと思います。
2人とも短期決戦で実績を残している選手ですから(汗)

パ・リーグを制したホークスは、今回もCSの壁に阻まれてしまいました。
1勝分のアドバンテージを得て、全試合福岡でのゲームと絶対的有利な条件の下で戦いながら、それでも勝てないとなると、最早、呪われているとしか・・・。
何よりも打線が最後まで全然機能していませんでした。
6試合で計8得点、ホームラン0本では、いくら投手が頑張っても勝てないですよね。
これで2勝したのが不思議なくらいです。

まずはパ・リーグの日本シリーズ進出チームが決まり、明日からセ・リーグのクライマックスシリーズファイナルステージが始まります。
セ・リーグはナゴヤドームで圧倒的強さを誇るセ・リーグ覇者・ドラゴンズがCSでも地の利を活かして3年ぶりの日本シリーズ切符を掴むか、それともセ・リーグ3位のジャイアンツがパ・リーグ同様の結果をもたらし2年連続日本一の挑戦権を得るか。
今度は名古屋にファンの熱い視線が注がれるでしょう!