中日ドラゴンズが4年ぶりリーグ優勝

中日ドラゴンズの4年ぶり8回目のリーグ優勝が決定しました。

昨日、タイガースが敗れた事で、首位・ドラゴンズにマジック1が点灯。
今日、ドラゴンズは試合がなく、タイガースが敗れると、その時点でドラゴンズの優勝が決定。

タイガースは、今日からマツダスタジアムでカープと3連戦。
ルーキー・秋山投手を先発に立てるが、いきなり先頭打者ホームランを打たれ、4回にも自らエラーを犯してしまうなどしてカープに4点を献上してしまいKO。

打線もカープの先発・ソリアーノ投手を打ち崩す事が出来ずに無得点。
結局、カープ相手に0-4で敗戦。
この瞬間に、試合のなかった中日ドラゴンズの4年ぶりのリーグ優勝が決定しました。

8月以降、巨人、阪神、中日の3つ巴の激戦となったセ・リーグでしたが、優勝したのはドラゴンズ。
ドラゴンズが抜け出したというよりは、ジャイアンツとタイガースが自滅して転がり込んできた感がありますが、それでも12球団トップのチーム防御率を記録した投手陣の力で勝ち取った優勝。
打線の破壊力ではジャイアンツ、タイガースの方が上だったけど、この2チームは投手力でドラゴンズに劣っていた分、直接対決でも差をつけられてしまったのが順位に現れてしまった。
パ・リーグでも投手陣が安定していたホークスが優勝したように、やはり、野球は投手力ですよ。

今季のドラゴンズは若手の台頭も目につきました。
故障で離脱した井端選手の代わりにセカンドのポジションを掴んだ堂上弟選手が、その代表例。
誤算といえるのはセサルくらいか(謎)

優勝したドラゴンズは、今月20日から開催されるCS第2ステージの開催権と1勝分のアドバンテージも獲得。
しかし、1勝分のアドバンテージを得たとは言え、明日の最終戦からCS第2ステージまで中17日の間隔があるのが、本番にどう影響するのだろうか?

一方、第1ステージは2位チームが決まっていないので未定。
今日、タイガースが負けた事でジャイアンツが2位浮上。
ジャイアンツのCS進出が決まっていますが、まだ最後のイスが決まっていない。
おそらくタイガースになるでしょうけど、第1ステージが東京ドームでやるか甲子園でやるかは、両チームの残り試合にかかってきますね。
こちらの争いも楽しみです。


ドアラのへや
PHP研究所
ドアラ
ユーザレビュー:
かっこいいドアラ。ド ...
大好き!!英智選手の ...
ドアラー!!今回も ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ドアラのへや の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル