イチロー選手 10年連続200本安打達成

シアトルマリナーズのイチロー選手が10年連続で200本安打を達成。
また新たな伝説を作りました。

200安打に残り2本としていたイチロー選手は、3回の第2打席で二塁打を記録し、5回の第3打席では初球をセンター前ヒット。
今季152試合目で節目の大台を達成しました。
この試合のイチロー選手は5打数2安打。
試合はマリナーズが0-1で敗戦。
イチロー選手が打ってもマリナーズが負けるのは相変わらずですね(汗)

自らが持つメジャーリーグ記録を更新し、また、通算回数でもピート・ローズ(元レッズなど)の持つ10回に並んだ。
新たな伝説の誕生です。

日本ではオリックスに所属し7年連続首位打者。
2001年にマリナーズに移籍。
移籍1年目で、いきなり首位打者のタイトルを獲得し、2004年にはメジャー記録のシーズン最多安打記録を84年ぶりに更新する262安打をマーク。
昨年には日米通算安打数を3,086本とし、張本勲氏の持つ日本選手最多安打記録を更新。
今月には日米通算3,500安打も記録。
本当に素晴らしい記録ばかりです。

10年連続で200本安打を打ち続けるだけでも凄い事だが、何よりもシーズン200本安打を達成するには試合に出続けなければならない。
イチロー選手は10年間大きな故障もなく、そして成績不振でレギュラーから外されたり、マイナー落ちなどせずに一戦級の投手と対戦して、そして結果を残した。
自己管理能力の高さにも脱帽するしかありません。

来月で37歳になるイチロー選手。
三振が増えているのが気になりますが、それでも走攻守に衰えは見られず。
まだまだメジャーで活躍して、更なる伝説を作る事でしょう。
ピート・ローズ氏の持つ通算最多安打記録を、いつか塗り替えてほしいです。