2位・ホークスが首位・ライオンズを3タテし一気に肉薄

セパともに優勝争いが熾烈を極めるペナントレース。
優勝へのマジックを4としているライオンズが2位・ホークスに3連戦3連敗。
マジックを減らすどころか、0.5ゲーム差に詰め寄られてしまいました。

初戦、2戦と逆転負けしたライオンズ。
勝てばマジックが2つ減るだけに、3タテは避けたい試合。
先発はホークス・ホールトン、ライオンズ・石井一久の両投手。

試合は、初回にライオンズが3番・中島選手の2ランホームランで先制し、続く4番・フェルナンデス選手も連続ホームランを打ち、3戦目もライオンズが先制。
その後、両チームが点を取り合って4-2でライオンズが3点リードして迎えた6回裏にホークスが1点を返し1点差としててライオンズの先発・石井一久投手をKO。
更に2番手の岡本投手から代打・オーティズ選手が2点タイムリーを打って逆転。

逆転したホークスは7回からは4番手・摂津投手が2回を無失点に抑えると、9回には抑えの馬原投手を投入。
1戦目で3点リードを守れず大炎上した馬原投手は、この試合でも2安打を打たれて二死一、三塁のピンチを背負ってしまい、迎える打者は中島選手。
中島選手がファールで必死に粘るが、最後は馬原投手のフォークボールに空振り三振に倒れ試合終了。

試合はホークスが5-4でライオンズに勝ち、これで首位・ライオンズ相手に3連勝。
ゲーム差を0.5ゲーム差へ迫りました。

ライオンズが2勝すれば優勝が決まる可能性があった2位・ホークスとの福岡3連戦。
対戦成績でも分のいいホークス相手にまさかの3連敗。
3試合とも逆転負けした上に、涌井・帆足・石井一久の3枚を立てて、更には中継ぎに岸投手を投入しながらの3連敗は想像以上にダメージが大きいと思います。

ライオンズは打線が幸先良く先制しながら、簡単に追いつき追い越される。
ここに来て、昨年の終盤にも見られた中継ぎ・抑えの崩壊が目につく3試合でした。
ホークスと中継ぎ陣に差があるのも感じられましたね。

両者の直接対決は、この3連戦で終了したので首位をキープしているライオンズのマジックは消えず。
しかし、残り4試合でマジック4なんてあってないようなもの。
優勝争いは、この2チームに絞られましたが、ここまで来たら、どっちが優勝してもおかしくないですよ。

一方のCS進出をかけた3位争いも白熱を帯びてきました。
優勝争いに絡んでいたマリーンズが9月に入って急失速。
週末の試合でも、鬼門の仙台で1,2戦と9回逆転サヨナラ負けを喫し、Kスタ宮城16連敗。
仙台での試合は2試合続いていて、むしろ3位死守すら厳しい状況。

3戦目も打線が点を取っても投手陣が取り返される悪循環。
8回に同点に追いつかれて、試合は延長に。

12回にマリーンズが二死から連打で2点を勝ち越し。
その裏のイーグルスの攻撃を、2試合連続でリリーフに失敗している小林宏之投手が無失点に抑えて、Kスタでの連敗をストップ。
ファイターズとの同率3位は変わらず。

バファローズを含めて3位争いも優勝争い同様に熾烈ですが、これから飛び石日程になるので絶対的なエースがいるファイターズとバファローズに優位に働きそう。
逆に投手に不安のあるマリーンズが打線の力で、どこまで勝てるのか興味深いです。


月刊ホークス 2010年 10月号 [雑誌]
ジャパンプリント
2010-09-18
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 月刊ホークス 2010年 10月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル