民主党代表選 菅首相が再選

注目(?)の民主党代表選は菅首相が小沢一郎氏を大差で退けて再選。
近日中に新内閣を発足する予定です。

民主党は14日午後、臨時党大会を東京都内のホテルで開き、任期満了に伴う党代表選で党所属国会議員が投票した。11日までに郵送された党員・サポーター票、地方議員票とともに開票した結果、菅直人首相(63)が小沢一郎前幹事長(68)を上回って党代表に再選された。菅首相は近く内閣改造・党役員人事を行う方針。小沢氏の処遇が焦点となる。
菅首相は党員・サポーター票249、地方議員票60、国会議員票412の計721ポイント。小沢氏は党員・サポーター票51、地方議員票40、国会議員票400の計491ポイントだった。
菅首相は「元気な日本にもう一度作り直して、次の世代に渡していく。その仕事をみなさんのご支持、ご支援をいただいて本当に命をかけてやらなければと決意を新たにした」とあいさつ。小沢氏については「長い間、先輩として教えをいただき、今回の選挙でも多くの議論をさせていただいた。選挙が終わりました。お約束したとおり、ノーサイド」と挙党態勢を強調した。(毎日新聞)

事前の報道では小沢氏有利だとか言われていたところもありましたが、フタを開けてみると菅首相が大勝。
私としては、現職の首相が負けるというのは有り得ないので菅首相が勝つのではないかと思っていましたが、随分とポイント差が開きましたね。
やはり、見ている人は見ているのですね(汗)

ただ、菅首相が選ばれたというよりは小沢氏が選ばれなかったという事でしょう。
菅首相も、その事を自覚していればいいのですが・・・。
とにかく前首相の残して負債のせいで、民主党政権の立場が危うい状況は変わっていないですね。

一方、大敗した小沢氏。
自分がどう思われているか痛感したのでは?
党内での処遇も気になりますが、これで検察も再び立件へ向けて動き出すでしょう。
彼も年貢の納め時かもw

日本政治の迷走は、これからも続くでしょうけど、いい加減、与党も野党も、まともな政治活動をやってほしいものです。
菅首相も、ここからが大変ですよ。


泣かない小沢一郎が憎らしい
同時代社
世川行介
ユーザレビュー:
異色の「小沢一郎」本 ...
小沢一郎を理解するた ...
小沢一郎の真実世間に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 泣かない小沢一郎が憎らしい の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル