映画「ソルト」

8月1日のファーストデーに映画「ソルト」を鑑賞。

この映画は、二重スパイの容疑をかけられたCIAエージェントをアンジェリーナ・ジョリーが熱演するアクションサスペンス。
潔白を証明したいヒロインが、CIAの追跡をかわしながら真犯人を探し出すまでをスリリングに描く作品。

CIAエージェントのイヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は、何者かの陰謀によってロシアスパイの嫌疑をかけられてしまう。
逃走を図ったソルトはCIAの追跡をかわしながら、自らの容疑を晴らすべく、たった独りで真相究明に乗り出すのだが、そこから様々な困難がソルトに襲い掛かる。

タイトルが「ソルト」だけに、塩が絡んでいるとか、舞台がソルトレークシティ(2002年冬季五輪開催地)かと思っていたのですが、主人公の名前だったとは(爆)

ストーリーの内容はともかく派手なアクションシーンに、ただ目を奪われてしまいました。
高架の下からトラックの上に飛び込んだり、ハイウェイを走行中のトラックからトラックに飛び移ったり、パトカーを次々と破壊したり・・・。
スパイにしてはやる事が派手すぎないか?
それに、もし本物の女性スパイにソルトみたいな芸当をやれと言われたところで、「出来るわけないだろ」と言い返してくるだろう(爆)

この映画を観ていて気になって事も何箇所かあり。
アメリカとロシアのトップが命の危険にさらされるのだが、今の両国の間に以前のような冷戦ムードみたいな険悪なムードって未だにあるのだろうか?
あと、冒頭でソルトが北朝鮮人に拷問をかけられていたが、あの国が簡単に相手の要求に呑んで釈放したりするのだろうか?
平気で他国の人間を拉致して、更に証拠隠滅を平気で謀る国ですからね(汗)

アクションシーンや格闘シーンには魅せられたが、全体的なストーリーを振り返ると、タイトルのごとく、しょっぱいストーリーだったかなと言った印象。
それでも、アンジェリーナ・ジョリーはカッコ良かったですね(笑)
彼女を観るだけでも元が取れるでしょう!

ラストを見る限りでは、何やら続編をやりそうな雰囲気。
何だかスッキリしない中途半端な終わらせ方だったのが、ちょっぴり残念でしたね。


ユーザレビュー:
このひとは、やっぱり ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ソルト(アンジェリーナ・ジョリー主演) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル