映画「借りぐらしのアリエッティ」

話題の映画「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞。

この映画は、メアリー・ノートンのファンタジー小説「床下の小人たち」を基に、古い家の台所の下に暮らす小人一家の物語が展開するジブリ・アニメ。
企画はの宮崎駿が担当し、これまでのジブリ作品に関わって来た米林宏昌が監督。
舞台を1950年代のイギリスから現代の日本に移した設定と、人間の少年との出会いによって翻弄される小人の少女アリエッティの運命の行方に注目。

ストーリーは、古い家の台所の下に住み、暮らしに必要なものはすべて床の上の人間から借りてくる借りぐらしの小人達。
そんな小人一家の14歳・アリエッティは、好奇心と伸びやかな感性を持つ少女。
だが、人間に見られないよう、目立たないよう、つつましさと用心深さを求められる毎日を送っていた。
そんな時に、心臓に病を持つ少年がやってきて出会う事に・・・。

いい年しているにも関わらず、気になって観てしまうジブリ作品。
今回の作品も予告の時から気になっていましたw

全体的な感想としては、古き良き時代を思わせるようなノスタルジックな作品。
素朴さが感じられて、家族や仲間の絆の大切さを教えてくれるような内容。

タイトルの「借りぐらし」とは、どういう意味なのかわからなかったのですが、その意味は、小人達が人間に見つからないように人間達の家や物を「借りて暮らしている」と意味のようです。
アリエッティも、その掟を守っていたが、ある日、心臓の病気で間もなく手術を迎える翔という少年によって姿を観られてしまう。
そして、父と初めての「借り」に出かけた際にも、翔と目があってしまう。
ここからアリエッティと翔が、お互いに話し合える仲に。

小人達が人間達に見られないように暮らしているのは、人間達が何をするかわからないから。
劇中内でも翔のような小人に対しても普通に接してくれる人間もいれば、お手伝いのハルのような意地悪をする人間もいる。
アリエッティ達が人間を警戒するのもわかる気がします。
ハルも実際は悪い人間ではないと思うのだが、小人を見つけた時の意地悪な行動や表情が憎らしいくらい。
樹木希林の声もマッチしていましたね(笑)

主人公のアリエッティの声を演じたのは女優の志田未来ですが、特に良くもなければ悪くもなし。
声優をやるのは初めてだとの事なので、初めてにしては上出来かな。
むしろ、翔の声を演じた神木隆之介が良かったですね。
サマーウォーズでも声優をやっていましたが、病弱な翔にフィットしているような声でしたね。

最近のジブリ作品には物足りなさを感じていましたが、今回の映画「借りぐらしのアリエッティ」は個人的には満足の出来る内容の作品。
ただ、ジブリ作品にしては上映時間が非常に短かったですね。
上映時間は鑑賞前に把握していましたが、いざ観終わると、やはり、もう少し観たかったなという気持ちでした。


借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2010-07-14
セシル・コルベル
ユーザレビュー:
良質なケルティックハ ...
濃い一枚。アリエッテ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る