日本vsオランダ

南アフリカW杯9日目。
日本は、強豪のオランダ相手に0-1で敗戦。
決勝トーナメント進出の可能性は、次のデンマーク戦の結果次第となりました。

初戦のカメルーンに勝利した日本。
2戦目の相手は世界ランク4位で優勝候補に挙げられるオランダ。
オランダも勝ち点3を掴んでいるので、勝った方が決勝トーナメント進出へ大きく前進する重要な試合。
今回はオランダが相手という事もあって、試合前にカステラとオレンジジュースを口にしましたw

スタメンは以下の通り
GK:川島
DF:中澤、闘莉王、駒野、長友
MF:阿部、遠藤、長谷部、松井、大久保
FW:本田

カメルーン戦と同じ布陣。
FWは本田選手の1TOPで、両ウイングに松井、大久保両選手を配置。

前半は両チームとも大きな見せ場はなくスコアレスで後半へ折り返し。
後半は開始早々からオランダが怒涛の攻撃を展開し、日本は防戦一方に。
そして、後半8分に、オランダが左サイドを崩し中央へのクロスを一度はクリアするが、その、こぼれ球を拾ったオランダが後方へパス。
そこへ走り込んでいたスナイデル選手が直接放ったシュートがGK川島選手の手に触れたが、そのボールはゴールネットに突き刺さりオランダが先制点。

先制されてしまった日本は逆に攻勢に出て、3人の交代枠に攻撃的選手を全て投入するが、オランダの守備陣を崩す事が出来ず。
日本はオランダ相手に0-1で敗戦。
勝ったオランダは勝ち点を6に伸ばし、日本の勝ち点は3のまま。
深夜に行われるカメルーンvsデンマーク戦の結果如何によりますが、決勝トーナメント進出の可能性は次節へ持ち越しとなりました。 

オランダ相手に善戦しましたが、残念ながら敗れてしまいました。
しかし、1点しか取られなかった事は次の戦いに向けて大きいと思います。
得失点差0とマイナスでは大違いですからw
GKの川島選手を中心とした守備が安定していたし、DFラインも統制が取れていたと思いますね。
それだけにスナイデルをフリーにさせてしまったのが悔やまれますよ。

攻撃面でも連動性はありましたが、フィニッシュの精度を欠いていたのは相変わらず。
後半に駒野選手のクロスが長谷部、本田に通らなかったのも痛かったし、終盤に岡崎選手がシュートを浮かしてしまったのも残念だったし。
ロスタイムに長友選手が倒れた時に、審判がPA内を指していたのでPKかと思っていたのですがゴールキック。
審判によってはPKを与えてくれたのではないかと思います。

交代枠に攻撃的選手を投入しましたが焼け石に水。
岡崎、玉田と同じタイプの選手を投入する一方で、下がったのが運動量があって中盤のバランスを保っていた長谷部選手。
長谷部アウトの時点で私は負けを覚悟しました。
中村俊輔選手もあまり機能していなかったし・・・。

これで予選リーグは1勝1敗。
次はデンマークとの対戦。
深夜に行われる試合になりますが、何とか起きてTV観戦するつもりです。


ユーザレビュー:
ライデンにてオランダ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る