映画「アイアンマン2」

映画「アイアンマン2」を鑑賞。

この映画は、自ら発明したパワード・スーツで平和のために死闘を繰り広げる天才科学者兼経営者のトニー・スタークを描き、大ヒットを記録したアクション大作「アイアンマン」の続編。
スリリングで迫力あるアクションが見物の作品。

ストーリーは、前作でトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)が、自分がアイアンマンである事を会見の席で告げた後からの続き。
パワード・スーツ受け渡しの国家命令を拒否した科学者兼経営者のトニー・スターク。
ある日、トニーの前にウィップラッシュ(ミッキー・ローク)なるアイアンマンと互角のパワーを持つ敵が現れたことから、トニーは再びパワード・スーツに身を包みアイアンマンとして立ち上がる。
ここから、トニーの周辺も騒がしくなり、新たな戦いが始まっていく。

自らアイアンマンであることを明かし、世間を騒然とさせたトニー・スターク。
彼のヒーロー行為は国家問題にまで発展し、国からパワード・スーツ没収を命じられてしまうが、それを彼は拒否する。
同時にトニーは、リアクターの不具合によって肉体が蝕まれていて、死の危険がある事を知る。

そんな中、トニーに対し、ある恨みを募らせていた男が1人(ミッキー・ローク)。
彼は、一撃で金属を真っ二つにできる武器を自在に操る「ウィップラッシュ」へと変身し、トニーの前に姿を表し対峙する事になる。
アイアンマンに変身したトニーは、その男と対決し何とかその場は凌ぐ。

前作も鑑賞しましたが、前作にもヒケを取らない面白さ。
今回も英語で書かれた綴りを見て、思わず「アイロンマン」って読んでしまった(汗)
ありえない展開や、一部ではくだらないと思うシーンなどもありましたが、アメコミが原作なのだから、それも余興の一環と考えた方がベターでしょうw

強敵だったウィップラッシュとの終盤の対決シーンでは、結構あっけない結末に。
アイアンマンの必殺技だったとは言え、正直、「これで終わりなの?」って呆気に取られてしまいましたよ。
元ネタは3分間で敵を倒さないといけない「ウルトラマン」なのでしょうか(爆)

主役のトニー演じたロバート・ダウニー・Jrも存在感あり。
シャーロック・ホームズも記憶に新しいところですが、アイアンマンこそ彼のはまり役と言っていいかもいいでしょう。
他で目立っていたのが、秘書としてスターク社にやって来たブラック・ウィドーを演じたスカーレット・ヨハンソン。
女性とは思えない程の、派手でキレのあるアクションは見応えありました。

あと、ライバル会社の社長役だったサム・ロックウェル。
彼は、何となく日本テレビのラルク鈴木アナに似ていると思いましたw

どちらかと言うと、全体的なストーリーでは、前作の方が良かったと思いますが、今回も見所が多かったし、楽しめながら観る事が出来ました。
次回作も公開されるようですが、どのような作品に仕上がってくるのか、今から興味深いです。


アイアンマン (2枚組) [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2009-03-18
ユーザレビュー:
これが意外と面白い。 ...
魅力的な’痛い’中年 ...
単純に面白い単純に面 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る