映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」

映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」を鑑賞しました。

この映画は、仕事に追われ、家族を省みることのなかった50歳目前の男が、ふと人生を振り返り、幼いころの夢を追い求め始める人間ドラマ。
一畑電車の走る島根の風土を描きながら、家族や仕事といった人生の普遍的なテーマを扱った作品。

ストーリーは、大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る筒井肇(中井貴一)。
一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷へ戻った彼は、一畑電車の運転手になるという幼い頃の夢を思い出し、採用試験に応募してみる。
そして、年齢のハンディーを乗り越えて試験に合格した肇は運転手となる。

最初、「RAILWAYS」と聞いた時は「ファミスタ」を連想してしまった。
もっとも、劇中内で野球が絡んでいますが(爆)

主人公の肇は、49歳のエリートサラリーマンで、しかも妻子持ち。
サラリーマンも50歳前後になれば、会社人生のゴールが見え始めている時期。
家族の事を考えると、なかなか思い切った事は出来ないと思います。

肇も取締役に打診されるなど順風満帆な生活を送っていたが、一方では仕事に没頭するあまり、家庭内ではギクシャクして家族がバラバラになっている状態。
それに加えて、同僚の死に母が病気で倒れるなど肇の周辺が騒がしくなる。

これまで仕事一筋に生きた肇だったが、大事な何かを忘れていた事に気付き、会社を辞めて、子供の頃に夢を見ていた地元の電車の運転手になる事を決意する。
大抵、未経験者を採用する際は、年齢の若い人を採用するものだが、肇が面接を受けた「一畑電車」は、過疎化が進む地域で若い人が今後減っていく事を考えて、地元出身で社会経験豊富な肇を採用する事に。
そして、肇は研修をパスして晴れて子供の夢だった電車の運転手として第2の人生を歩き始める。

詳細を書くのは、ここまでにしますが、中高年の人達にとって希望を与えてくれる作品であり、若い人達にとっても参考になったのではないかと思わせる中身の濃い作品でした。
東京で働いていた頃の肇は疲れた表情を見せる事が多かったが、島根に戻って電車の運転手になってからは生き生きとして表情。
実に、劇中内で喜怒哀楽を多彩に表現していた作品でした。

自分は、まだ30代で40代は先の話だし、ずっと首都圏に住んでいるので地方へのUターン就職するという事もない。
しかし、生き続けている限り、必ず中高年と言われる年代に入っていく。
もし、自分が49歳になった時に、一体何をしているのだろうか?
肇の小さい頃の夢は電車の運転手だったが、自分の小さい頃の夢は40~50代では慣れない仕事であるし、選ばれた人間にしかなれないものである。
だから、肇のように夢を追いかける事は出来ないだろう(汗)
それでも、中高年になってからでも、人生を切り替えるチャンスがあるだろう。
それが、わかっただけでも、この映画を観る価値があります。

離れ離れだった家族の絆も肇の転職によって取り戻していったのも印象的。
妻の由紀子(高島礼子)は、肇の不退転の決意を支持する一方で、島根と東京で離れ離れに暮らし始めた事に疑問を感じてしまう。
それでも、実際に鉄道員として働く肇を見て、今後も夫婦として一緒に支え合う事を決意し、娘の倖(本仮屋ユイカ)も冒頭では父親を疎ましく思っていたような部分があったが、次第に父を見直す事に。
やはり家族の絆は大事ですね。

劇中内に登場した「一畑電車」は実在する鉄道会社のようです。
広島や長崎に行ったときに路面電車を利用した事がありますが、「一畑電車」のような長い距離を走るローカル電車にも乗ってみたいですね(笑)


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る