夏の参院選へ向けて

今夏の参院選へ向けて、各政党が現役スポーツ選手やOB選手を次々と擁立する動きが表面化。
どこも選挙に勝つ為に必死なようです。

夏の参院選に向け、各党のスポーツ選手やOBの擁立ラッシュが続いている。
知名度が高く清新な印象が「即戦力」になると見て、無党派層の票獲得を期待しているためだ。
民主党は五輪メダリストを3人そろえた。10日に発表された柔道の谷亮子氏(34)と、元体操選手の池谷幸雄氏(39)を比例選に、競輪選手の長塚智広氏(31)を茨城選挙区から、擁立する。
プロ野球界からも引っ張りだこだ。自民党は、比例選で読売巨人軍前監督の堀内恒夫氏(62)、秋田選挙区には近鉄、巨人などで活躍した石井浩郎氏(45)を立てた。たちあがれ日本も、元巨人の中畑清氏(56)を比例選で擁立する方針だ。国民新党はプロレスラーの西村修氏(38)を比例選候補として公認した。
スポーツ選手などの候補者がいないみんなの党の渡辺代表は10日、「アジェンダ(政策課題)のもとに集まった覚悟の集団というのが最低条件だ」と語り、けん制した。(読売新聞)

昨日、柔道の谷選手が出馬を表明したと聞いた時には、流石に驚きを隠せませんでした。
現役選手で母親でもある谷選手。
もし、当選したとしても彼女が政治家として選手と母親の両立が出来るのか気になるところです。
オリンピックでは、「最低でも金」、「ママでも金」と金メダルにこだわっていましたが、今度は「政治家でも金」と言うのか?
同じ「金」という字でもオリンピックと政治では、読み方も別の読み方になってしまって意味合いも違ってきちゃいますね(爆)

それにしても民主党からの立候補とは。
民主党も票集めに必死なようです。

自民党からは元巨人監督の堀内恒夫氏や石井浩郎氏、たちあがれ日本という政党からは中畑清氏とプロ野球OBが相次いで立候補。
プロ野球界と政界は全くの別世界。
彼等も考えがあって立候補したと思うので、精一杯、選挙活動に励んでほしいです。
もし、当選したらTV中継の解説はやらないと言う事になるのでしょうか。

政界が不安定な昨今。
今度の参院選では、どのような結果になるのでしょうか?