映画「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」

映画「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」を鑑賞しました。

この映画は、縦横10メートル以上もある紙の上で、音楽に合わせ書をしたためるパフォーマンスがテレビ番組で放送され、大反響を呼んだイベント「書道パフォーマンス甲子園」を映画化した青春ドラマ。
紙の生産高日本一を誇りながら不況で停滞した町の活気を取り戻そうと、「書道パフォーマンス甲子園」を開催すべく奮闘する女子高生たちの姿を描く作品。

ストーリーは、紙の生産高日本一を誇る愛媛県四国中央市が舞台。
その愛媛県四国中央市では、不況が原因で町の商店街は閑散としていた。
四国中央高校の書道部部長・里子(成海璃子)は、ある日音楽に合わせ大きな半紙に文字を書く臨時顧問・池澤(金子ノブアキ)の姿を目にする。
その様子に衝撃を受けた里子たちは、町を活気付けようと「書道パフォーマンス甲子園」を開催することを思いつく。

書道パフォーマンスというと、今年初めにNHKで放送されていたドラマ「とめはねっ! 鈴里高校書道部」を連想し、愛媛県が舞台に女子高生がクラブ活動で友情を育むというと「がんばっていきまっしょい」を連想してしまう。
今回鑑賞した、この映画は、この2つを1つにしたような内容の作品でした。
もっとも、「書道ガールズ」というタイトルなのに、男子部員も絡んでいましたが(爆)

自分の中での書道と言うと堅苦しいイメージがあり、小中学校時代でも書道は好きな科目ではないのですが、この映画のように楽しみながら書道する姿を見て、今まで自分の中にあった書道のイメージを変えてくれる作品でした。
音楽に乗って書道するって何だか面白そう・・・。

主人公の聡子も書道家である父の厳格な指導に影響されて、黙々と書道に向き合っていましたが、その一方で退部者が増えてしまう現状。
そんな時に、臨時教員として赴任し書道部の顧問に就いた池澤に里子は「つまらない書」と批評されてしまい反発してしまう。
その池澤が部員勧誘の為に校庭で書道パフォーマンスを披露し、里子ら書道部員は影響される事に。

最初は書道パフォーマンスに反対していた里子も、不況で閑散としていた街を活気づけようと里子たちは、「書道パフォーマンス甲子園」を開催しようと決意し、バラバラだった部員達の気持ちも1つに向かっていき、家庭の事情で書道部を退部した美央(山下リオ)も戻って来る事に。

詳細を書くのは、ここまでにしますが、やはり部活動を題材にした青春ストーリーは清々しさとともに、自分の高校時代を思い出させてくれます。
自分は野球でしたが、四国中央高校書道部は書道をする事で3年間しかない高校生活に打ち込めるものがあるのだから、やはり青春時代って本当にいいものです。
劇中内で里子と同級生にあたる香奈(桜庭みなみ)のセリフではありませんが、まさに「感動した!」と言いたくなる作品でした。

書道部の顧問役だった池澤の指導も良かったですね。
書道パフォーマンスは体力も必要とされるので、ランニングや筋トレを練習に取り入れ、書道パフォーマンスに反対する里子の父に対して、自分の過去と生徒の現在を比較して父を説得させたり、いい加減に見えながら実はいい指導者だった部分を見せてくれました。
ただ、劇中内のセリフで、「俺には人に教える資格はない」を連発していましたが、彼が教師である事を何で誰も指摘しなかったのかと疑問に思ったりもしましたが(爆)

他校の書道部も参加した「書道パフォーマンス」。
カラーの墨や半紙を使ったり、横文字を書いたりとユーモアあり。
あんなに楽しく書道するって言うのも、時代の流れなのでしょうかね(汗)

1つの目標に向かって心を1つにした作品。
字は気持ちが現れると言いますが、それを証明してくれる映画でもあったと思います。


大切(初回生産限定盤DVD付)
ドリーミュージック
2010-05-12
FUNKY MONKEY BABYS
ユーザレビュー:
私は好きです。見てい ...
映画のイメージに合っ ...
いい加減似た曲ばかり ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る