ホームラン9本の乱打戦

交流戦も2カード目ですが、今年の交流戦は、勝っているチームと勝てないチームとの差がはっきりしている感じ。
東京ドームではジャイアンツvsマリーンズの2戦目。

先発はジャイアンツ・西村、マリーンズ・大嶺の両投手。
1戦目はジャイアンツが勝利したが、2戦目はどちらがモノにするか?

試合は序盤から点の取り合い。
初回にジャイアンツが5番・阿部選手の特大3ランで、いきなり3点を先制。
しかし、マリーンズが2、3回に3点を取って同点に追いつき、試合は振り出しへ。

同点に追いつかれたジャイアンツは、その裏に小笠原選手のホームランで勝ち越し、5回にもラミレス、高橋由伸と2本の2ランが飛び出し点差を5点に広げて、6回にも坂本選手にホームランが出て2ケタ得点を記録。

10-4でジャイアンツ大量リードで、試合も9回へ。
大量リードをつけられたマリーンズは、ここから粘りを見せる事に。
西岡、金泰均の2本の2ランが飛び出して点差は一気に2点に縮まり、ジャイアンツベンチは、たまらず抑えのクルーン投手を投入。
2点差を追いかけるマリーンズは、尚もホームランが出れば同点のチャンスを作るが、今江選手が三振に倒れて試合終了。

両軍9本ものホームランが飛び出した乱打戦は、ジャイアンツが10-8でマリーンズに辛勝し、この2連戦を2連勝で終えました。
逆に負けたマリーンズは首位・ライオンズとのゲーム差が1.5に広がってしまいました。

BS日テレで、この試合を観ていましたが、デーゲームなのに派手な花火大会になりましたね(汗)
ジャイアンツ5本にマリーンズ4本。
ホームランの出やすい東京ドームとはいえ、やはり両チームの打線が強力である事を証明してくれる試合でした。

ただ、ホームランの内容を振り返ると、ジャイアンツの5本は文句なしの当たりが多かったのに対して、マリーンズの4本は左中間、右中間の膨らみが少ない東京ドームの特徴に助けられた感のあるホームラン。
マリーンズの立場からしたら、負けた言い訳にはなりません。

マリーンズの4番・金泰均選手は日本の野球にすっかり順応出来ていますね。
どのコース、どの球種にも対応出来る柔らかい打撃は素晴らしいと思います。

次のカードからはパ・リーグのホームゲームで戦う事に。
ジャイアンツは、札幌ドームにてファイターズ戦、マリーンズは千葉マリンスタジアムにてドラゴンズとの対戦。
ジャイアンツは日本一を決めた思い出の地・札幌で連勝を重ねるか、マリーンズはホームに戻って交流戦負けなしのドラゴンズに土をつけられるか?
W杯も近いけど、野球も面白くなりますよ。


ユーザレビュー:
ジャイアンツの強さと ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る