映画「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」

映画「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」を鑑賞しました。

この映画は、自称「売れっ子奇術師」と「天才物理学者」のコンビが、世の中の不可解な現象の裏に潜むトリックを暴く、人気ミステリーの劇場版第3弾。
霊能力者が強権的に統治する村を舞台に、最強の霊能力者を決める「霊能力者バトルロイヤル」に参加した彼らに恐るべき魔手が忍び寄る。

ストーリーは、霊能力者「カミハエーリ」が統治する万練村では、その後継者を決める大会が行われようとしていた
貧乏なマジシャンである山田奈緒子(仲間由紀恵)は、霊能力者に成り済まして大会に参加し、村の財宝をネコババしようと画策するが、バカげた風習を辞めさせるために招かれた物理学者の上田次郎(阿部寛)とはち合わせてしまう事になる。

山田と「カミハエーリ」の孫である中森翔平(佐藤健)を含めて霊能力者を名乗る者同士でバトルロイヤルをやる事になるのだが、そこから多くの霊能力者が命を落とす事に。
そして、翔平ですら知らなかった事実をも知る事になる。

劇場版は過去にも鑑賞しましたが、何で今頃になって劇場版を公開するのだろうかと思っていたら、今年で10周年だそうです。
もう、そんなに経つのかと時の速さを改めて感じてしまいます(汗)
10年経ったにしては仲間由紀恵と阿部寛は、以前と変わっていませんねw

今シリーズにおいても、ところどころでギャグが盛り込まれていたり、逆に悲しくなるようなシーンがあったりと、良くも悪くも「TRICK」らしい作品でした。
山田の母親である山田里見(野際陽子)に対する顕花に「鶏山由紀夫」などという名札があったり、今作で山田・上田コンビと対峙した松平健がTV朝日系列を意識したみたいな白馬に乗ったり、上田の著書が某ベストセラー小説みたいなタイトルだったりと堤監督の遊び心を感じる演出でした。

山田と上田の間に進展がなく、おまけに偶然、万練村に出くわした里見に、おいしいところを持っていかれてしまうお約束の展開へ(笑)
結局、矢部(生瀬勝久)は何しに出てきたのでしょうかね(爆)
警視庁だったら、わざわざ栃木県にある事になっている万練村へ行く必要ないのではと思ってしまいましたよ(爆)

久しぶりの「TRICK」でしたが、以前と同じく楽しんで鑑賞する事が出来ました。
また、そのうち続編でもやるのでしょうか?


ユーザレビュー:
平和なんだね昔ながら ...
主演二人が勿体無いス ...
基本的には、おもしろ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る