2010年 セ・パ交流戦開幕

今日からプロ野球もセ・パ交流戦が開幕。
昨年は始めてセ・リーグが勝ち越した交流戦。
今年は、どのような戦いになるのでしょうか。

埼玉西武3-1巨人
セ・パ首位対決。
一昨年の日本シリーズのカードでもある対戦。
先発はジャイアンツ・ゴンザレス、ライオンズ・岸の両投手。

試合は、ジャイアンツが2回に3連打で1点を先制して、尚も追加点のチャンスを迎えるが長野選手が併殺打に倒れて1点止まり。
3回までゴンザレス投手の前に無得点のライオンズは4回に同点に追いつき、5回にはブラウン選手が勝ち越しホームラン、7回にも中島選手が追加点となるホームラン。

ライオンズの先発・岸投手は4回以降は一人の走者も出さない完璧な投球で、ジャイアンツの強力打線を手玉に取って完投勝利。
セ・パ首位対決はライオンズが先勝。

試合時間が2時間30分以内と、非常にテンポが速い試合。
岸投手が完璧な投球内容。
ストライクが先行し、カーブにもキレありとジャイアンツ打線を寄せ付けず。
一昨年の日本シリーズを見ているかのような試合でした。

オリックス2-1東京ヤクルト
ともに開幕ダッシュに成功しながら、現在は負け越して下位に沈んでいるチーム同士の対戦。
先発はスワローズ・石川、バファローズ・近藤の両投手。

スワローズが2回に、ガイエル選手のホームランで先制。
対するバファローズも4回に1点を返して同点に。
試合は、両先発投手の投げ合いで9回でも決着がつかずに、試合は延長へ。

延長10回にバファローズが坂口選手のタイムリー三塁打で勝ち越し。
その裏のスワローズの攻撃も無得点に抑えて、バファローズが延長戦を制し先勝。

千葉ロッテ2-1横浜
ともに新監督を迎えての「湾岸ダービー」
先発はベイスターズ・清水直行、マリーンズ・渡辺俊介の両投手。

昨年までマリーンズに在籍していた清水投手相手に、マリーンズは2回に大松選手、4回にサブロー選手がそれぞれソロホームラン。
得点は、この2点のみだったが、投手陣がベイスターズ打線を1点に抑えて、このまま逃げ切り。

清水投手は8回を投げてチーム打率12球団トップのマリーンズ打線を5安打2失点に抑える好投を見せるも実らず。
2つのホームランが実に痛かったですね。
千葉マリンスタジアムでの同カードで、果たして彼の登板はあるのでしょうか?

中日5-1福岡ソフトバンク
交流戦3連覇を狙うホークス。
最初の相手は、敵地ナゴヤドームにてドラゴンズとの対戦。
先発はドラゴンズ・吉見、ホークス・ホールトンの両投手。

ドラゴンズが3回に1点を先制し、4回には和田選手がソロホームランなどで2点を追加。
その後も着実に得点を重ねて、先発・吉見投手もホームランによる1失点のみの好投。
ドラゴンズが交流戦3連覇を狙うホークス相手に完勝。

リーグ戦は本来の力を出せていないドラゴンズですが、やはり中軸が打つと強いです。
先発・吉見投手も、いい投球だったようで。
明日、先発すると思われる不調のチェン投手は、どのような投球をホークス相手に見せるのでしょうか。

北海道日本ハム4-2阪神
まさかのリーグ最下位に沈む、昨年のリーグ覇者であるファイターズ。
最近は復調気配だけに交流戦で巻き返しなるか?
先発はタイガース・久保、ファイターズ・ケッペルの両投手。

試合はファイターズが4回に2本のタイムリーヒットで2点を先制。
その後、タイガーズに1点差に詰め寄られるが、9回に稲葉選手が左中間の一番深い所に飛び込むダメ押し2ラン。
タイガーズもその裏に鳥谷選手のホームランで2点差に詰め寄り、尚もホームランが出れば同点という場面を演出するが、あと一歩及ばず。
ファイターズの先発・ケッペル投手は完投勝利。

TV中継があったので観ていたのですが、東京ドーム同様に非常にテンポの速い試合。
打線好調のタイガースでしたが、この試合では打線が繋がらず。
ファイターズも借金を10にまで減らしましたが、それでも厳しい位置にいる事には変わらず。
それでも稲葉選手が本来の打撃を戻しつつあるようです。

広島vs東北楽天の試合は最初から予定にはなく、明日から2連戦。
何で、1試合だけ試合日をずらすのでしょうか(汗)
交流戦開幕試合は、ナゴヤドーム以外は全てパ・リーグの勝利。
全試合ともDHが使えないセ・リーグ主催試合でしたが、やはり投手の出来が試合を左右する事になりそうです。