映画「第9地区」

映画「第9地区」を鑑賞。

この映画は、アカデミー賞の作品賞候補にも選ばれたSFムービー。
突然地球に難民として降り立った正体不明のエイリアンと共に暮らすことになる人間の困惑と、マイノリティーとして生きるエイリアンとのドラマをしっかりと見せる作品。
本作で監督と脚本を担当し、デビューを飾ったのは新人のニール・ブロンカンプ。
俳優たちも無名ながらも迫真の演技を披露。

ストーリーは、ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す。攻撃もしてこない彼らと人間は、共同生活をすることになる。
彼らが最初に出現してから28年後、共同居住地区である第9区のスラム化により、超国家機関MNUは難民の強制収容所移住計画を立てる事になる。

アカデミー賞に4部門もノミネートされた作品という事もあって、どのような作品なのか興味を持って劇場鑑賞したのですが、何だか不快感を感じる映画でしたね。
作品としては非常に中身が濃く、いろいろと考えさせられる作品でしたが、正直、このような人間にはなりたくないなと思う人間ばかりで、同じ人間として嫌悪感を感じる内容の作品でした。

突如、地球にやって来たエイリアン。
地球にやって来た理由は侵略目的ではなく単なる不時着。
人間も当初は難民として南アフリカのスラム街に住まわせる事にするのだが、そのエイリアンが増殖していく内に、人間がそのエイリアンを疎ましく思うようになる。

そして、ここからが酷い展開の連続。
人間はエイリアンの事を「エビ」と蔑み差別する。

エイリアンの力を手に入れようと人体実験を行ったり、平気で殺したりする。
何から何まで上から目線で自分の事しか考えていない奴ばかり。
自分も最初はエイリアンの容姿を受け入れ難かったのですが、話が進む内にエイリアン側へ肩入れするようになり、逆に人間に嫌悪感を抱いてしまった。

そもそも舞台を南アフリカにしたのは、アパルトヘイトに対する皮肉なのかもしれないが、アメリカにしたって人種差別の酷い国ではないのだろうか?

この映画の主人公はヴィカス(シャールト・コプリー)。
ヴィカスの仕事は、エイリアンを相手に立退き同意書にサインをもらう事なのだが、その仕事中に黒い液体を体に浴びてしまい、それが原因で左腕がエイリアンへと変身を始めてしまう事に。

そして、ここでも人間の醜さが。
ヴィカスが勤務するMNUは、そんな彼を捉えて実験台にしようとする。
何とかMNUから逃げ延びる事が出来たが、そこからデマを報じられ他の人間から敬遠されたり利用されたり。
そのヴィカスにしても自己保身ばかりで、自分を助けようとするエイリアンを平気で裏切る始末。

ストーリーの詳細を書くのは、ここまでにしますが、最後の最後でヴィカスとエイリアンとの間に真の友情が芽生えたのが、この映画で唯一救われたシーンだったと思います。
果たしてヴィカスは3年後に人間の体に戻れるのでしょうか?
最後の最後で謎を残しましたね。

何だか気分を悪くさせられる内容でしたが、SFとしての映像や設定の完成度の高さは感じました。
伊達にアカデミー賞にノミネートされていないですね。
考えさせられる事が多かったけど、やはり個人的には受け付けない作品でした。


ユーザレビュー:
『ぬこ缶』で生き延び ...
これは、拾いものかも ...
今年一番面白いです! ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る