映画「ハート・ロッカー」

話題の映画「映画「ハート・ロッカー」」を鑑賞しました。

この作品は、先日のアカデミー賞において作品賞など6冠を獲得。
イラクに駐留するアメリカ軍の中でも、最大の危険を伴う爆発物処理班の兵士を描いた戦争アクション作品で、命知らずの兵士と仲間との確執と友情を軸に、緊張感あふれる爆発物処理の現場をリアルに映し出す。
監督はアカデミー賞でも監督賞に輝いたキャスリン・ビグロー。
迫力ある映像と兵士の勇気の裏にひそむ心理の繊細な描写がツボ。


ストーリーは、2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。
まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、仲間のサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)らは不安を抱くようになる。


正直、戦争ものは好きではないのですが、アカデミー賞受賞作という事もあって鑑賞する事に。
実際に観てみて爆発シーンなどの迫力に圧倒され、冒頭の爆弾処理のシーンからハラハラドキドキの連続。
命の棄権を顧みず任務を遂行しようとする本作の主人公のウィリアム・ジェームズの姿に息を呑むばかりでした(汗)


タイトルにある「ハート・ロッカー」とは戦死した人を入れる箱型の棺桶の事だそうです。
実際に劇中でも棺桶が出ていました。
そのようなシーンが何度も出るのを観ていると、改めて戦争などするものではないと思うし、自分は平和な日本にいられて感謝しています。


戦場特有の張り詰めた緊張感。
些細な事で味方同士の信頼関係も失う恐れもある。
バグダッドに常駐する毎日が戦争で、常に上空や地上から爆撃音が響き渡る毎日。


今までの戦争映画とは違って、戦闘シーンやアクションシーンが少なく、常に死と隣り合わせの世界に居合わせる張り詰めた空気が兵士達を包む、いわば神経戦。
勿論、戦闘シーンもあって銃撃戦や爆撃シーンなども迫力あり。
2時間半近い上映時間が長く感じない程にスクリーンに魅入ってしまいました。


そんな死と隣り合わせの世界に配属されたジェームズだが、任期を終えて帰国する事になる。
イラクでの戦争は終わっていないのに、任期を終えた事で家族のいるアメリカに帰る事になる兵士の心境は一体どうなのでしょうか?
安堵感なのか、それとも・・・。


迫力ある映像で、まるで自分が戦場にいるような感覚も感じる映画ではありました。
しかし、やはり戦争なんてするものではありません。
この映画でも何人もの人が理不尽にも命を落としてしまったのだから。


しかしながら、冒頭の「戦争は麻薬だ」という引用文が何か心に引っ掛かりました。
アメリカやイラクにとっての戦争って、一体何なのだろうか?
少なくとも、当時のアメリカ大統領やイラクの独裁者にとっては「戦争は麻薬」そのものだったのかもしれませんね。


この「ハート・ロッカー」という映画は、アカデミー賞に受賞されただけあって、中身の濃い作品でした。
このような映画を製作した監督が女性である事にも、ある意味では驚き。
改めて戦争がもたらすものが何なのかを、この映画を通じて再認識する事が出来ました。



ユーザレビュー:
臨場感の極地・・・キ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る