映画「シャーロック・ホームズ」

映画「シャーロック・ホームズ」を鑑賞。

この映画は、名探偵シャーロック・ホームズと相棒のジョン・ワトソン博士を演じるミステリー大作。
国を揺るがす謎の敵を前に、ホームズとワトソンの強力なタッグで壮絶な闘いを繰り広げる作品。

このストーリーは、新たな難事件に挑むことになった名探偵シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)。
相棒のワトソン博士(ジュード・ロウ)とともに宿敵ブラックウッド(マーク・ストロング)に立ち向かう。
そんな中、国の崩壊をもくろむ巨大な陰謀を暴くための壮絶な闘いが、ホームズとワトソンを待ち受ける事に。

推理劇というよりはアクション劇と言った感じで、自分が描いていたシャーロック・ホームズとは違うイメージでしたが、それでもスリリングな展開の連続にハラハラしながらスクリーンに魅入ってしまいましたw

ストーリーは1891年のイギリス・ロンドン。
探偵であるシャーロック・ホームズは、医師であるパートナーのワトソンと一緒にと行動を共にし、何人もの女性の命を奪ったブラックウッド卿を捕まえ、そのバラックウッド卿は絞首刑で処刑させられる。
しかし、それから暫く経たない内に、処刑した筈のブラックウッド卿が復活してしまう。
そして、再び殺人を繰り返すブラックウッド卿相手にホームズとワトソンのコンビが対峙する事に。

映画全体を振り返ると、派手なアクションシーンが多く、観ていてゾクッとするようなシーンもチラホラ。
でも、主人公が名探偵であるシャーロック・ホームズなので、推理シーンも勿論含まれています。
いろいろ辿り着いて真相を突き止めて解決していく辺りは、流石は名探偵・シャーロック・ホームズと言ったとこおrでしょうか(笑)

特にストーリーの終盤は目まぐるしい展開。
ブラックウッド卿の復活後に起こる連続殺人の真相に関して、ホームズが謎解きするシーンは見所満載。
ブラックウッド卿が、どのようにして復活したのかに関しての謎を解いた答えも「なるほど」と思わせる内容でした。

ホームズとワトソンのコンビも絶妙。
特にホームズ演じたロバート・ダウニー・Jrは、今までのイメージと違うシャーロック・ホームズ像を描いてくれました。
また、ワトソンを演じたジュード・ロウも、新たなワトソン像を描いてくれましたw

ところどころでカラー映像になったりモノクロ映像になったり、VFX等を駆使したカメラワークも見事。
一方で動物に対する扱いが、ちょっと酷かったかな(汗)

ホームズ最大の敵であるモリアーティ教授が最後まで登場しなかったので、続編をやりそうな感じ。
エンドロールも何となくTVドラマみたいでした(笑)
これまでと違うイメージのシャーロック・ホームズでしたが、もし続編をやるのなら、是非とも観てみたいですね。


ユーザレビュー:
殺人が鳴く、ホームズ ...
本領発揮。凄い作品集 ...
表紙が愛らしい!読み ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る