映画「インビクタス/負けざる者たち」

映画「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。

この映画は、ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説をクリント・イーストウッド監督が映画化した感動のドラマ。
反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描いた作品。

ストーリーは、1994年にネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は、ついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。
未だにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。
1995年に自国で開催するラグビーワールドカップに向けて、マンデラとチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)は、一致団結して前進して本大会を迎える。

実話を基にしたストーリーなので結末はわかっていましたが、それでもスポーツを通じて国をも変えた感動的なストーリー。
当時の大統領であるネルソン・マンデラ氏の人間性の大きさを、この映画を通じて感じ取る事が出来ました。

南アフリカ共和国は、かつてアパルトヘイトなる人種差別化を図り、世界中から非難を浴び、オリンピックなどの国際スポーツ競技からも参加が認められなかった事もあり。
その南アフリカではラグビーは白人の競技で、代表チームのスプリングボクスもアパルトヘイトを意味する存在だったとされてたらしい。

試合でも白人がスプリングボクスを応援する一方で、黒人は相手国の選手を応援する。
アパルトヘイトによって国がバラバラとなり1つになるには程遠い環境。
だからこそ、マンデラはラグビーW杯開催を機に国を1つに変えようと力を尽くす。

マンデラ大統領の指示で黒人居住区を訪れたスプリングボクスの選手達が、その環境を目の当たりにして絶句するシーンが印象的。
スプリングボクスは白人中心で構成されているチームだけに、自分達が豪邸に住んでいる一方で、黒人達は更地状態の悲惨な環境。
その黒人の子供達にラグビーを教えるシーンも別の意味で感動を与えてくれました。

南アフリカでは、白人と黒人が対立し続けていたのに、ある事を境に過去を拭い去り、国が1つにまとまるのをストーリーを通じて感じ取れます。
スプリングボクスだけでなく、マンデラ大統領を取巻く警備員(日本のSPみたいな存在?)も人種の壁を超えて1つに纏まるシーンも良かったですね。

ラグビーの試合でも臨場感があって、大歓声などの音響効果も抜群。
決勝戦となるニュージーランド戦でも肉弾戦のシーンを多く使い、ラグビーの迫力と魅力を大いに伝えてくれていました。
オールブラックスことニュージーランドと言えば、世界有数のラグビー強豪国。
劇中でも取り上げられていますが、この南アフリカW杯で日本は145点も奪われて大敗したとか。
順当に行けば、いくら開催国でもスプリングボクスがオールブラックスに勝てるわけないと思ってしまいますが、実際に勝ったのだから、当時のスプリングボクスも「強いチーム」だったと言う事でしょう。

ただ、そのスプリングボクスは開催1年前は、世界相手に戦えないほどの弱いチーム。
その弱いチームが、1年後に、どのようにして優勝するまで強いチームになったのでしょうか?
このストーリーで唯一の謎ではあります。

ストーリーの中心はラグビーW杯の優勝ですが、やはりマンデラ大統領という人物の人間性が、今作品の一番の見所。
長年、差別と偏見によって酷い目に遭わされてきたマンデラ氏が、「国を変えるのは自分を変えなければいけない」と唱えて、自分も苦しめ続けてきた人達を赦した。
そして、そのマンデラ氏に影響を受けたスプリングボクスの主将・ピナールも選手達に対して、「国が変わろうとしているのだから、自分達も変わらなければいけない」と促しチームの強化に努め、強烈なキャプテンシーを発揮する。

マンデラ氏とラグビー。
一見、関係ないように思えるが、マンデラ氏はラグビー経験者。
ラグビーは、南アフリカでは白人の競技とされていたが、そのラグビーを国民的スポーツにする為には、マンデラ氏が訴えた「和解と赦し」そのものだったように思います。

マンデラ大統領を演じたモーガン・フリーマンも本物のマンデラ大統領に見えましたね。
本人もかなり、この役に拘っていたみたいですし。

この映画を通じて国が1つになる事に難しさと、1つになった時の素晴らしさを学びました。
間もなく、南アフリカでサッカーのW杯が開催されます。
今年のサッカーW杯でも、当時のラグビーW杯の時のような興奮と感動を全世界に与えられる事が出来るのでしょうか?