82回目のセンバツ切符

3月21日開幕に開幕する第82回選抜高校野球大会の出場校32校が決定しました。

出場32校は以下の通り
▼北海道
北照(10年ぶり3回目)

▼東北
秋田商(4年ぶり6回目)
盛岡大付(7年ぶり2回目)

▼関東・東京
東海大相模(4年ぶり8回目)
花咲徳栄(7年ぶり2回目)
東海大望洋(初出場)
前橋工(15年ぶり4回目)
帝京(3年ぶり13回目)
日大三(8年ぶり17回目)

▼東海
大垣日大(3年ぶり2回目)
中京大中京(3年連続30回目)
三重(15年ぶり10回目)

▼北信越
高岡商(4年ぶり4回目)
敦賀気比(2年ぶり3回目)

▼近畿
神戸国際大付(5年ぶり3回目)
大阪桐蔭(3年ぶり4回目)
神港学園(4年ぶり5回目)
立命館宇治(6年ぶり2回目)
天理(3年連続20回目)
智弁和歌山(2年ぶり9回目)

▼中国
開星(2年連続2回目)
関西(3年ぶり10回目)
広陵(3年ぶり22回目)

▼四国
今治西(4年連続12回目)
高知(3年ぶり15回目)

▼九州
嘉手納(初出場)
宮崎工(初出場)
自由ヶ丘(初出場)
興南(2年連続4回目)

★21世紀枠
山形中央(初出場)
川島(初出場)
向陽(36年ぶり15回目)

初出場は6校、連続出場は5校、10回以上の出場回数を誇る高校は8校。
今大会の最多出場は中京大中京の30回。
今大会もバラエティに富んだ顔ぶれとなりました。

21世紀枠で選ばれた高校は3校。
山形中央(山形)と川島(徳島)が初出場。
向陽(和歌山)は36年ぶり15回目。
それにしても36年ぶりなのに出場回数が15回って、以前は相当強かったという事なんでしょうね。
あまり聞いた事のない校名ですが・・・。

沖縄から史上初めて2校が出場。
今、基地問題で話題の地の嘉手納と、3季連続出場の興南。
まだ寒さの残る時期で、沖縄勢の春の成績は夏に比べて今ひとつですが、2校出場する事で好結果を生むことになるかもしれません。
特に興南は昨年の春夏ともに初戦敗退なので、今度のセンバツにかける気持ちは強い筈です。

昨夏の甲子園を制した中京大中京も夏春連覇をかけて出場。
昨年のメンバーも何人か残っているだけに、甲子園の雰囲気には慣れて戦えるでしょう。

センバツ開幕は3月21日。(組み合わせは3月13日)
パ・リーグ開幕の1日後になり、「春はセンバツから」とは言えなくなってしまいましたが、それでも春の風物詩である事には変わりありません。
今から春もセンバツも待ち遠しいです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る