阪神大震災から15年

今日、1月17日は1995年に阪神大震災が発生した日。
あれから15年経つんですね。

昨晩、フジテレビ系列で放送されたドラマ「神戸新聞の7日間」を視聴しました。
神戸市内の地方新聞社を舞台にした、震災当日から7日間までの事実に基づいたドラマでしたが、震災当時の様子を思い起こすようなドラマでした。
自分は被災者ではないので、発生時の地震の強さや発生後の神戸市内の惨状などの詳細はわからないのですが、地元の人達は何の情報も得られない中で生活を強いる状況に陥ってしまって、さぞや大変な思いをしたかと思います。

当時は携帯電話も普及していなければ、ワンセグも存在していなかった時代。
ライフラインも破壊されTVすら観れない状態の中で配られた新聞は被災者にとっては貴重な情報源。
その新聞を発行すべく努力した神戸新聞社の奮闘ぶりは尊敬に値します。
特に自らが被災者の立場に立って書かれた社説を読み上げるシーンが印象的。
被災者と報道マンの両方の立場に立って書かれた記事の重みは、他紙の社説よりも何倍も重く中身の濃い社説であった筈です。

阪神大震災当時は、報道のあり方を問われていましたが、このドラマでも報道のあり方を考えさせられる内容。
主演のカメラマン役を演じた桜井翔だけセリフが関西弁でなかったのが気になりましたが、阪神大震災を決して風化させてはいけない事を感じさせてくれたドラマでした。

このドラマで京都や大阪も登場していましたが、京都では普通に地元新聞社の記者達がオフィスで働いていて、大阪ではギャルが喫茶店で談笑したりしているシーンがありました。
神戸が壊滅的になっている一方で、地理的には近い筈の大阪や京都では普通に生活出来ていたのかと思ってしまいました。
それだけ、阪神大震災は一極集中型の地震だったと言う事なのでしょうか?

あの震災から15年経過し、当然の事ながら被災者達も15年分の年齢を重ねます。
被災者の方達は神戸から離れずに神戸で立ち上がっていった。
亡くなった6,000人超もの人達の為にも、これからも阪神大震災の事を語り継いでいかなければいけないと思わされました。
私のいる東京でも、いつ大地震が起こるかわからないのだから。


報道写真全記録―阪神大震災
朝日新聞社
朝日新聞社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る