映画「2012」

映画「2012」を鑑賞しました。

この映画は、マヤ暦による2012年終末説を題材に、ローランド・エメリッヒ監督が手掛けるディザスター・ムービー。
地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。
大地震、火山噴火、津波など最新CG技術による迫力ある映像に注目の作品。

ストーリーは、2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子供達との旅行を楽しんでいた。
ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。
この危機から逃れる手はないものかと模索するジャクソンだったが、すでに天災は地球上の至るところで起こり始めてしまう事に。

VFXを駆使してロサンゼルスの街が破壊される映像が展開されていましたが、ロサンゼルスは行った事のある街なので、VFXとはいえ、街並みが破壊されていく映像を観るのは辛かったですね。
そして、その破壊されていく街並みの中を車で逃げ切るシーンは、ハラハラドキドキするよりは、歩いて逃げた方が安全じゃないのとツッコミを入れながら鑑賞していました(爆)

車だけでなく、飛行機でも船でも試練に見舞われるシーンの連続。
大地震、火山の噴火、大津波と次から次へと自然災害が世界各国に襲っていくのだが、これらの迫力ある映像を観ていると、自然の猛威に比べれば、人間の力なんてチッポケなものだのだなと痛感させられます。

ストーリー全体を観ていると、薄っぺらい内容の作品の印象。
画像には非常に迫力があるのですが、肝心なストーリーがね(汗)
2012年に地球に何かが起こるのを知っている人は、ごくわずかな限られた人物だけだったし、何だか抽象的な部分ばかりが目立ってしまうわけですよ。

あと、いろいろなシーンで他の映画を重ねるような場面があったし。
例えば、船が沈むシーンは「タイタニック」が、津波が押し寄せるシーンは「ディープ・インパクト」が、水中に潜って救助活動に出るシーンは「海猿」が、それぞれダブってしまった。

そしてストーリーの中に垣間見る人間の身勝手さ。
自分が助かりたいが為に、他人を犠牲にしたり、団体行動から外れた行動に出たりと、実際でも、そのような身勝手な行動に出る人間ばかりなのでしょうか?
少なくとも阪神大震災や同時テロの時には、そんな人はいなかったと思いますが・・・。

結末の場面にしても、果たして何か報われたのだろうかという気になりました。
あれだけ地球を破壊しておいて生き残った人達がいたわけで、この映画を作った監督は、この後のストーリーなんて全然描いていないのでしょうね。

それにしても最近の洋画は地球滅亡をテーマにした作品が多くなったような気がします。
単にVFXを使いたいだけなのだとは思いますが、そんなにアメリカは地球を滅亡に向かわせたいのでしょうか?


2012 [DVD]
ビデオメーカー
2008-06-06
ユーザレビュー:
だめだこりゃタイトル ...
悔い改めよ……?一番 ...
「2012年」という ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る