巨人が7年ぶりの日本一

巨人が2009年日本シリーズを制し、7年ぶりの日本一に輝きました!

2009年日本シリーズ第6戦。
北海道日本ハムファイターズvs読売ジャイアンツの第6戦は、舞台を札幌ドームに移してプレーボール。

第5戦を劇的サヨナラ勝ちで王手をかけたジャイアンツ。
敵地・札幌で一気に決めるか?それともファイターズが逆王手をかけて、ダルビッシュ投手先発予定の最終戦まで持ち込むか?
先発はファイターズ・武田勝、ジャイアンツ・東野の両投手。

試合は初回からジャイアンツの先発・東野投手が負傷退場するアクシデント。
2番手として急遽マウンドに上がったのは、第2戦でKOされた内海投手。
その内海が1球でピンチを脱出。

ピンチを脱したジャイアンツは2回に阿部選手のタイムリーで先制し、6回にも小笠原選手のヒットを処理した稲葉選手にエラーが出て、一塁走者が一気にホームインし追加点。

緊急登板の内海投手は再三、得点圏に走者を背負うが粘りの投球でファイターズ打線に得点を与えず、6回途中から継投策へ。
好投の内海投手の後を受けた豊田-山口-越智-クルーンと磐石の継投。

ホームの声援の後押しを受けるファイターズが9回に一打同点のチャンスを掴むが、3番・稲葉、4番・高橋信二ともに三振に倒れて試合終了。
札幌に舞台を戻した第6戦は、ジャイアンツが2-0でファイターズに勝利し、この瞬間に7年ぶり21回目の日本一に輝きました。
日本シリーズMVPは阿部選手が選ばれました。
画像

毎試合が接戦の連続の白熱した日本シリーズでしたが、最後はジャイアンツに勝利の女神が微笑む事に。
原監督はWBCに続いて日本シリーズでも優勝監督に。
今年は原監督にとって最高の1年となりましたねw

今年の日本シリーズ6試合を振り返ると、ファイターズの方が自分達の野球をやっていたように見えましたね。
ジャイアンツは小笠原、ラミレスの主軸がイマイチだったし。
それでも勝ったのはジャイアンツ。
第5戦の大道、鈴木の活躍しかり、全体的な選手層はジャイアンツが上回っていた感じ。

敗れたとは言えファイターズも強いチームでした。
貧打に泣いた昨シーズンとは見違える程の強力打線に変貌。
CSしかり一度火がついたら止まらない打線は本当に素晴らしかった。
ダルビッシュ投手が本調子だったら、どうなっていたでしょうか?

それにしても今年の巨人は強かった。
日本一にふさわしいチームだったと思います。
7年ぶりの日本一おめでとうございます。


巨人軍は非情か
新潮社
清武 英利
ユーザレビュー:
すべてのプロ野球ファ ...
新巨人軍の道しるべ  ...
「あとがき」以外、読 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ