劇的逆転サヨナラ勝利で王手

2009年日本シリーズ第5戦。
読売ジャイアンツvs北海道日本ハムファイターズの第5戦は、今日も東京ドームで試合。

ここまで2勝2敗のタイ。
どちらが先を王手をかけるのか注目の試合。
私も昨日に続いて仕事帰りに東京ドームまで日本シリーズを観戦しました。
画像

先発はジャイアンツ・ゴンザレス、ファイターズ・藤井の両投手。
試合はファイターズが2回にジャイアンツの元ファイターズの選手2人のエラーで1点を先制。
エラーでファイターズが1点取って以降は、両投手の投げ合いで1-0のまま試合が進む展開。

ファイターズの先発・藤井投手は7回無失点の好投でしたが、8回に打席が回って来た所で代打を送られ先発の役割を果たして降板。
いろいろ意見が分かれそうですが、1点しか取れていなかったので、藤井投手に代打を出したのは妥当な判断だと思います。
ただ、打撃がいいとは言えない鶴岡選手が代打って・・・。

ファイターズベンチは8回裏に建山投手を2番手に送るが、先頭打者を死球で出し盗塁を決められて得点圏に走者を背負った状態で、3番手の林投手にスイッチ。
ジャイアンツベンチは松本選手の代打に大道選手を起用。
代わった林投手が自らのエラーで走者を三塁に進めてしまい、大道選手にもタイムリーを打たれて同点となり試合は振り出しに。

同点に追いつかれたファイターズは9回に4番・高橋信二選手のホームランで再び1点を勝ち越し、9回裏のマウンドに守護神・武田久投手を送り勝ちパターンに。
しかし、その武田久投手が先頭の亀井選手に初球の甘い球をライトスタンドへホームランを打たれて同点とされて、一死後、阿部選手にもホームランを打たれて逆転サヨナラ。
ともに王手がかかった大事な試合はジャイアンツが3-2でファイターズに逆転サヨナラ勝ちをして、7年ぶりの日本一に王手をかけました。

生観戦の試合でしたが、まさに野球は最後まで何が起こるかわからないを地で行く試合でした。
今シーズン無敗の武田久投手が登場した時点で、ファイターズの勝利するものと思っていたのですが、その武田久が2つの失投でまさかのサヨナラ。
2つのホームランとも完璧な当たりでしたからね。
それにしても、ファイターズとしては守護神が打たれての逆転負けなので痛い星を落としてしまいました。

今シリーズは、過去4試合全て両チームにホームランが出ていたので、試合中もどこかでホームランが出るかもと思いながら観ていましたが、まさか9回に揃って飛び出すとは。
やはり両チームとも打線は強力です。
第5戦は三塁側から観戦していたのですが、全てライトスタンドへ入った3本のホームランは照明のカクテル光線と重なってしまって、どの辺に着弾したのかよく見えなかったのが、個人的に残念でしたw

東京ドーム3連戦をジャイアンツが2勝1敗で勝ち越して、これでトータルでジャイアンツの3勝2敗。
1日開けて土曜日から舞台を再び札幌に移して第6戦が行われます。
ジャイアンツが勝って日本一になるか、ファイターズが勝って再びタイに戻すか。
そして、ダルビッシュ投手は6戦に投げるのか。
第6戦も要注目です。

その第6戦を地上波中継するのは、事もあろうかフジテレビ。
あの第2戦のような中継は二度とやらないでほしいですね。(BSでもやりますが)

画像

画像

画像