亀田興毅が内藤大助に判定勝ちし新王者に

プロボクシング・WBCフライ級タイトルマッチ、王者・内藤大助選手vs挑戦者・亀田興毅選手の対戦が、さいたまスーパーアリーナで行われ、亀田興毅選手が3-0で判定勝ちし新王者となりました。

世界ボクシング評議会(WBC)のダブルタイトルマッチが29日、さいたまスーパーアリーナで行われた。WBCフライ級タイトルマッチ12回戦は同級3位、亀田興毅(23)=亀田=が同級王者、内藤大助(35)=宮田=に判定3-0で勝ち、新王者になった。06年8月の世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級に続く国内7人目の2階級制覇を達成。35歳2カ月の内藤は6度目の防衛に失敗し、自身の持つ日本人最年長世界王座防衛記録(34歳8カ月)の更新はならず、日本人の世界フライ級王座防衛回数単独最多記録を逃した。亀田興は次戦で暫定王者、ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)との対戦を求められている。(毎日新聞)

京都旅行から帰ってきて、帰宅した時間には既に試合は始まっていたのですが、見た目は互角。
しかし、最終判定は自分が思っていたより大差の判定。
お互いの顔を見ていても、内藤選手は、鼻から血が出ていて、形まで変わっていたのに比べて、亀田選手の方は打ち合いした割には腫れている様子もなし。
ある意味では、3年前と違って、今回の判定勝ちは妥当な結果なのかもしれません。

勝利後のインタビューでファンに対して感謝の言葉を述べていた亀田選手を見て、人間的に大人になったかなと思ったのですが、その後に親父の名前を出していたのには、やはり引いちゃいましたね。
まだ、お互いに子離れ、親離れが出来ていないようで(爆)

負けた内藤選手は、やはり鼻血を出してしまったのが痛かったですね。
鼻血を出してしまっては呼吸もままなりませんから。
35歳という年齢を考えると、この負けで引退するかもしれません。

まぁ、何はともあれ亀田興毅は弟と違って実力が伴っている選手である事はわかったわけで。
前回の疑惑の判定で王者になった時には、直ぐに王座を返上して階級を変えましたが、今回は内藤選手から奪った王座なのだから、即返上せずに防衛戦に挑む事でしょう。
ここから、亀田興毅選手の真の力が試される事と思います。


激闘 リングの覇者を目指して
ソフトバンククリエイティブ
岩崎 大輔
ユーザレビュー:
ダークサイド・オブ・ ...
ボクシングの光・闇人 ...
野木丈司さんという人 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る