プロvs大学

プロ野球vs大学野球の対決が実現。
今日、東京ドームで試合が行なわれました。

プロ側は26歳以下のチームにオーバーエージを加えたチームに対して、大学側は当たり前ながら全員が現役の大学生。
先発はプロ選抜・前田健太、大学選抜・斎藤佑樹の同期生対決。
大学がプロ相手にどこまで善戦するのかに注目。

試合は、1-1の引き分け。
プロ選抜は初回に大学選抜・斎藤佑樹投手に対して、4番・新井選手のタイムリーで1点を取り、一方の大学選抜は6回にラッキーなヒットで同点に。
結局、両チームとも取った得点は1点のみで、1-1で試合終了。
大学選抜が投手陣の踏ん張りでプロ選抜相手に引き分けの大健闘を見せました。

この試合はTV観戦していましたが、東京ドームは凄い歓声でしたね。
伊達にチケット完売していたわけではないようです。
滅多に観れないカードだけに盛り上がったかな(汗)

将来はプロ入りするであろう大学側を中心に観ていましたが、大学球界を代表する選手で構成されていただけあって、楽しみな選手が多かったです。
投手では沢村投手(中大)、大石投手(早大)、菅野投手(東海大)。
野手では伊志嶺選手(東海大)。

注目の斎藤佑樹投手は個人的には物足りなく映りました。
投球フォームも棒立ち状態だったし、何故か踏み出す足のつま先が浮いてしまっていたのが気がかり。
ボールも高かったし・・・。
今シーズンは成績が良くなかったようだが、今のままでは来年のドラフトでは「超目玉」ではなく「注目選手の1人」になってしまいそうですよ。

プロも1点しか奪えませんでしたが、アマとは言え、大学球界を代表する投手ばかり。
初対戦では、どうしても投手が有利になってしまうので、なかなか点が取れなかったのも、決してだらしないとか不甲斐ないとかではないと思います。

ただ、プロとして恥ずかしいプレーをした選手が一人。
その選手はファイターズの中田翔。
フェンスにまで到達する長打コースの当たりを放ちながら、二塁まで進まず、次打者の右方向のヒットで三塁に進む時にも、一度、躊躇する拙い走塁で三塁タッチアウト。
これには解説の星野氏も怒っていたし、球場中から怒号とも思えるどよめきが(爆)
アマ側から見たら、「あんなヤツでも、プロでやれるんだ」なんて思ったアマ選手もいたのではないでしょうかw

フライを取り損ねて同点にしてしまった坂本選手の守備も軽率。
あれはエラーにしても、おかしくないプレーでしたよ。

大学選抜の健闘で引き分けに終わった今回の交流試合。
今回は、プロ野球セ・パ誕生60周年を記念して開催される交流戦でしたが、ここまで盛況したのだから、来年以降も引き続き開催してほしいですよ。