映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

先日、映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を鑑賞して来ました。

この映画は、2009年6月に急逝したマイケル・ジャクソンによって、死の数日前まで行われていたコンサート・リハーサルを収録したドキュメンタリー。
コンサートを創り上げる過程では、偉大なスターであり才能あふれるアーティストでもありながらなおも進化を続けたマイケル・ジャクソンの素顔が垣間見える。

ストーリーは、2009年6月、1ヶ月後に迫ったロンドンでのコンサートを控え、突然この世を去ったマイケル・ジャクソン。
照明、美術、ステージ上で流れるビデオ映像にまでこだわり、唯一無二のアーティストとしての才能を復帰ステージに賭けながら、歌やダンスの猛特訓は死の直前まで繰り返される。

今年お亡くなりになったマイケル・ジャクソン。
近年は、スキャンダルの方で有名だった感はあるものの、かつては20世紀後半を代表するスーパースター。
そのマイケル・ジャクソンの魅力が伝わる内容の濃い作品でした。

ストーリー内で出て来るマイケルの歌は、いずれも聴いた事のある曲ばかり。
某動画サイトでも視聴しましたが、歌唱力もさることながら、あれだけ激しくキレのあるダンスは卒倒もの。
50代になっても、全盛期と変わらずダンスを魅せられるのだから、改めてスーパースターだった事を映画を通じて実感する事が出来ます。

マイケル・ジャクソンの全盛期と言えば、自分の小・中学校時代。
みんなでムーン・ウォークをマネしていたりして遊んでいましたが、本家のムーン・ウォークにはかないませんね(笑)

            本家に負けない(?)ムーン・ウォーク

この映画を観て、もし幻に終わってしまった、このコンサートが実現されていたら、どのくらい盛況したのだろうかと思ってしまいました。
おそらく、この映画を観た多くの人が思ったのでは?。

それだけに、彼と同じステージに立とうと世界各国からオーディションを受けた人を含めて、一緒にコンサートを成功させようとした関係者達のショックも大きかった事でしょう。
マイケル・ジャクソンの新たな伝説が幻となってしまったわけですから・・・。
ちなみに作品の流れが、どことなくTBSの「情熱大陸」に似ていたような気がしますw

かつてはアメリカを中心に世界中を震撼させたスーパースター。
近年はスキャンダルの方が有名になってしまっていたけど、マイケル・ジャクソンの魅力は何年経っても色褪せない事を証明させる映画でした。
マイケル・ジャクソンは永遠ですよ(笑)


ユーザレビュー:
永久の保存盤!!!永 ...
特別な一枚映画を見て ...
素敵なサウンドでした ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ