俳優・森繁久弥氏死去

俳優の森繁久弥さんが老衰で死去。
96歳での大往生でした。

映画「社長」「駅前」シリーズや舞台「屋根の上のヴァイオリン弾き」などで親しまれ、戦後の映画、演劇を牽引(けんいん)、大衆芸能の分野で初の文化勲章を受章した俳優の森繁久弥(もりしげ・ひさや)さんが、10日午前8時16分、老衰のため亡くなった。
96歳だった。告別式は未定。喪主は次男、建(たつる)氏。
大阪府枚方市生まれ。早大商学部に在学中から演劇活動を始め、中退後、下積み俳優として東宝劇団、古川緑波一座などを渡り歩く。1939年、NHKにアナウンサーとして入局し、旧満州(現中国東北部)の新京中央放送局に勤務した。
戦後、新宿の「ムーラン・ルージュ」などの舞台に立った後、映画界に進出。「三等重役」「夫婦(めおと)善哉(ぜんざい)」や「社長」「駅前」「次郎長三国志」シリーズなどに出演し、人間味あふれる独特の森繁節で幅広い人気を得た。
後年は舞台活動に力を入れ、20年に及ぶロングランとなったミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」のテヴィエや、「佐渡島他吉の生涯」の他吉などを当たり役とした。
テレビやラジオでも活躍する一方、自ら作詞・作曲して歌った「知床旅情」をヒットさせ、「アッパさん船長」など数多くの著書で多才ぶりも示した。(読売新聞)

俳優という不規則な生活時間帯で激務な仕事をこなしながら、96歳まで長生きし、かつ老衰でお亡くなると、まさに「大往生」。
普段からの生活や自己管理も良かったのでしょう。

俳優のイメージが強かったので、今日のニュースで森繁さんの過去を振り返っていた時に、最初はNHKのキャスターだったと聞いて驚きました。
そういえば野際陽子さんもアナウンサー出身でしたっけ?

正直、この人が出演した映画やTVドラマは記憶にないのだが、高齢になられても俳優としての仕事をこなしていたのだから実力もあった筈。
今回の件で、各TV局で今までの出演作を特番でやると思うので、機会があれば観てみたいと思います。

今日は、2年以上逃亡を続けていた容疑者が逮捕されましたが、どのニュースもトップは、この逃亡者のニュースばかり。
こんなニュースよりも森繁さんの死を大きく報道すべきだと思うのだが。
何だか最近のニュースもワイドショーと化していますね。

それにしても、今年は芸能界の大物の死去の知らせが多いですね。
それだけ時代が流れていると言う事でもあるのですが。
慎んでご冥福をお祈りいたします。


森繁久彌大全集
コロムビアミュージックエンタテインメント
2007-10-24
森繁久彌
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ