ダルビッシュ投手の技巧的ピッチングでタイに

2009年日本シリーズ第2戦。
北海道日本ハムファイターズvs読売ジャイアンツの対戦は、今日も札幌ドームで行われました。

初戦はジャイアンツが先勝して迎えた第2戦。
黒星スタートのファイターズとしては本拠地で2連敗は避けたい大事な試合。

先発はファイターズ・ダルビッシュ、ジャイアンツ・内海の両投手。
ファイターズは1ヶ月以上マウンドから離れていたエース・ダルビッシュ投手を登板。
しかし各スポーツ紙の予想を見ると、大方の予想がダルビッシュ先発だったので、想定内の範囲ではあったかと思います。

ダルビッシュ投手は投げ方からして本調子とは言えない状態であったが、縦の変化球を有効に使ってジャイアンツ打線を無失点に抑える上々の立ち上がり。
エースの力投に応えたい打線が3回に二死から稲葉選手が粘った末にライトスタンドギリギリに飛び込む先制ホームラン。
更に4連打でこの回一挙4点を追加して、内海投手をKO。

ダルビッシュ相手に4点のビハインドを背負う展開となってしまったジャイアンツは4回に亀井選手がレフトポール直撃の2ランで2点差に迫り、5回にも二死から3連打で満塁として3番・小笠原選手を迎えるが、ギアチェンジをしたダルビッシュ投手に三振に討ち取られて無得点。

ダルビッシュ投手が6回2失点に抑える好投で、7回以降は磐石の継投を見せて試合終了。
シリーズ2戦はファイターズがダルビッシュの好投と3回の集中打でモノを言わせて4-2で勝利。
これで対戦成績を1勝1敗のタイとしました。

腰からでん部にかけての故障が完治しない中で登板したダルビッシュ投手でしたが、まさに「これぞエース」と思わせる投球。
ほとんど立ち投げに近い投球でしたが、縦に大きく曲がるスライダーを軸にジャイアンツ打線のタイミングを外して討ち取る技巧的なピッチング。
ジャイアンツ打線も、これまで対戦したイメージとは違うピッチングに戸惑いもあった様子だったけど、本調子でなくても抑えられてしまうのだから、並の投手ではないですね。

対象的にジャイアンツの先発・内海投手は不甲斐ない投球。
ホームランは稲葉選手の技術が光った感じだったけど、その後に単調になって4連打。
左打者に4失点を献上してしまったのだから、もしシリーズが6戦以降にもつれたとしても、内海に登板機会は与えられないと思います。

札幌での2試合はお互いにエースで白星を取り合った試合。
特に流れが変わると思わせるような場面は、今のところ見当たらず。
むしろジャイアンツが、まだ本来の野球が出来ていない感じではありますが。

今日の試合も1戦同様に見応えのある好ゲームでしたが、フジテレビの中継があまりにも酷すぎた。
清原・新庄のゲスト解説と言う事で、どんな中継になるのか気になってしまい試合前半はNHK-BSではなくフジテレビで観戦していたのですが、あまりの酷さに途中でBSに切り替えてしまいました。
今頃、フジテレビには抗議の電話が殺到している事でしょう。
ああいうのは副音声でやってもらいたいものです(怒)

明日は移動日で明後日から舞台を東京ドームに移して3~5戦が行われます。
DHの使えない東京ドームでファイターズは、札幌で見せたような繋ぎの野球が出来るかどうかも勝敗のポイントになりそうです。
今年の日本シリーズも昨年並みに盛り上がるシリーズになりそうです。


ユーザレビュー:
いい本でした☆☆ 変 ...
プロ意識の高さとこだ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ