語るに値しない試合

Jリーグ第30節。
8位・浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて大宮アルディージャとの「さいたまダービー」。

ホームのダービーマッチ。
レッズは上位戦線に残る為にも、アルディージャにとっては残留をほぼ確実なものにする為にも、お互いに負けられない試合。
チーム得点王のエジミウソン選手が累積で出場停止で、前節で負傷退場した鈴木啓太選手も欠場。
FWは田中達也、高原の2TOP。
画像

さて、試合はと言うと3-0で大宮アルディージャの勝利。
レッズにとっては、全くいい所がなく、前半で1人退場者を出してしまうなど、全くサッカーになっておらず、残留争いをしている大宮相手に、どっちが上位チームかわからないような試合で惨敗を喫してしまう屈辱的敗戦。
試合後の挨拶でもアチコチから大ブーイングがレッズイレブンに浴びせられました。

全く語るに値しない試合内容で、昨年の最終節を観ているかのような内容。
シュートは6本撃ったらしいが、本当に「シュート」と呼べたのは何本あったのだろうか?

ポンテ選手が退場してしまった事で、完全に崩壊してしまった格好。
2枚目のイエローで退場したファールは、あまりにも酷いファールで、既に1枚イエローを貰っている選手がやるようなファールではなかった。
主審が笛を吹いた瞬間に、退場だなと思いましたかtらね。
そのポンテが退場した後でも、後半開始時に、選手交代もなければフォーメーションの変更もなし。
ベンチにも疑問を感じました。
画像

失点パターンも相変わらず。
パスも横パスばかりで前に出せず、FWの2人が中盤に下がってまでボールを貰いに行くなど、全てにおいてチグハグ。
新潟戦で見せた気迫すら感じず。

そして、ダービーになると相変わらず出てくるのが相手をバカにしたようなゲーフラやポスター。
北ゴール裏入り口にあった、縁起でもない印刷物を見て絶句。
何だか負けるかもしれないという気持ちが、その時からありました・・・。

相手にとっては、「浦和に勝てればいい」、「降格しなければいい」のであって、その2点が揃った今日の試合に勝ちたい気持ちは強かったと思います。
もっとも、今日のレッズが酷かっただけで、アルディージャとていいサッカーをやっているようには見えなかった。
ただ、今日の大宮勝利によって、柏と千葉の降格がほぼ決まった感じになりましたね。
うーん、「語るに値しない試合」と書いておきながら、随分と語ってしまった(爆)
画像

次節は、アウェー・味の素スタジアムにてFC東京と対戦。
相手は今節で5位に浮上し、今のレッズにとっては格上との対戦。
私は、まだ味スタのチケを購入しておらず、今の所は不参戦になりそうな見込みですが、今の瓦斯の攻撃力を考えると厳しい戦いになりそうです。

そういえばポンテは2度目の累積で、おまけに退場。
この場合は3試合出場停止になるって事?