東京・逆転で王手、札幌・崖っぷちで踏み止まる

クライマックスシリーズ第2ステージも3戦目。
今日も、パ・リーグは札幌ドームで、セ・リーグは東京ドームでプレーボール。

巨人5-4中日
初戦はドラゴンズ、2戦はジャイアンツが勝ったセ・リーグの第2ステージ。
ジャイアンツが勝って王手をかけるか?ドラゴンズが再びタイにするか?
先発はジャイアンツ・高橋尚成、ドラゴンズ・吉見の両投手。
この試合を仕事帰りに東京ドームで観戦していきました♪
画像

試合はドラゴンズが1回表に森野選手が昨日に続いて先制2ランホームランを打ち、3試合続けてドラゴンズが1回表に森野選手のバットで先制点。
その後もドラゴンズが押し気味に試合を進めるが、チャンスであと1本が出ずに初回の2点のみ。

渦中(?)の吉見投手の好投で2-0でドラゴンズリードの状態が続いていたが、6回裏にジャイアンツがラミレス、亀井両選手の連続ホームランで一気に同点に追いつき、試合は振り出しにするが、6回に続いてマウンドに上がった越智投手が昨日に続いての背信投球で一死一、三塁とピンチを招いて山口投手にスイッチ。
その山口投手も踏ん張りきれずにドラゴンズが再び2点を勝ち越し。

必勝リレーに入ったドラゴンズは8回に浅尾投手をマウンドに送るが、その浅尾投手が大誤算。
先頭打者を四球で出したのをきっかけにピンチを招いたが、味方のファインプレーなどもあって二死までこぎつけるが、名手・井端選手のまさかのエラーで1点を返され、尚も代打・脇谷選手がライトオーバーの2点タイムリーが飛び出してジャイアンツが一気に逆転。
画像

9回のドラゴンズの攻撃をクルーン投手が3人で抑えて試合終了。
ジャイアンツが劣勢に立たされながらも土壇場で逆転し、これで対戦成績を3勝1敗として日本シリーズ進出に王手をかけました。

この試合を生観戦しましたが、8回裏は本当に東京ドームが揺れているような錯覚を感じました。
先頭の坂本選手が四球で出塁して、続く松本選手がヒットで繋いだ時は、何かが起こるような予感がありましたが、まさか現実になるとは(汗)
1,2戦はTVで観ていて空席がアチコチで観られましたが、今日は2階席もビッシリ埋まっていたし、やはり真剣勝負は観る者の目を奪われますね。
画像

正直、試合内容はドラゴンズペースで、何で4点しか取れなかったのかと思うほど、得点圏に走者を賑わせていました。
ドラゴンズ最大の誤算は、やはり8回裏の守備。
浅尾投手の不調は勿論だが、名手・井端選手が真正面のゴロをエラーが出た時は、誰もが「まさか」と思ったでしょう。
アップアップの浅尾を引っ張り続けたのはベンチの判断ミス。
「ミスをした方が負ける」を地で行く、今日のドラゴンズでした。

東北楽天3-2北海道日本ハム
日本シリーズ進出まで、あと1勝に迫ったファイターズ(引き分けでも可)
ファイターズがちゃちゃっと決めるか(笑)、それともイーグルスが踏み止まるか?
先発はファイターズ・八木、イーグルス・田中将大の両投手。

試合は、2回にファイターズが4番・高橋信二選手のホームランで先制。
後がないイーグルスは4回に好投していたファイターズ・八木投手から渡辺直人選手のホームランで同点に追いついて、その後も連打でチャンスを作り、中島選手と草野選手のタイムリーで一気に3点を取って逆転。

試合は3-1のまま終盤へと進み、田中投手が苦手とする8回のマウンドにファイターズ打線が反撃。
連打と犠打で一死二、三塁として森本選手の犠牲フライで1点差として、更に中軸に回ってくるが、田中投手が気迫の投球で凌いで同点のピンチを脱出。
最後まで投げ抜いた田中投手が第1ステージに続いての完投勝利。
イーグルスが3-2でファイターズ相手にシリーズ初勝利を挙げて、対戦成績はファイターズの3勝1敗。

この試合を全然観ていないので詳細は不明だが、マサオの投球が素晴らしかったようですね。
2年続けて甲子園の決勝戦のマウンドを踏んでいる経験が、この試合に活かされていたのでしょうか?
岩隈投手に続いて2試合連続完投とは大したもの。
この2人には、第2の伊藤智仁、岡林にならない事を祈りますw

これでセもパも王手をかけた状態となりました。
もし、同じ日にセもパも日本シリーズ進出を決めると、スポーツ紙はどちらを1面にするか迷うでしょうねw


田中将大 (スポーツアルバム NO.20)
ベースボール・マガジン社
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ