札幌の奇跡

今日から両リーグでクライマックスシリーズ第2ステージが開幕。
日本シリーズ切符を掴むのは、どのチームか?

北海道日本ハム9-8東北楽天
札幌ドームでは、パ・リーグ1位の北海道日本ハムファイターズと、第1ステージを勝ち上がったリーグ2位の東北楽天ゴールデンイーグルスの対戦。
先発はファイターズ・武田勝、イーグルス・永井の両投手。

試合はファイターズが初回に1点を先制するが、イーグルスが2回に1点を返して、直ぐに同点へ。
勢いの乗るイーグルスはシーズン中に苦手としていた武田勝投手から4回に2点、7回にも4番・山崎選手の走者一掃のタイムリーで武田勝投手をKO。

ファイターズは8回に3点を返して2点差に詰め寄るが、9回表にイーグルスが鉄平選手がダメ押しとも思える2ラン。
その裏にストッパー・福盛投手が登場するが、ここからまさかのドラマが。
一死後、3連打で1点を返して、更に四球で満塁として、5番・スレッジ選手がレフトスタンドへ飛び込む逆転サヨナラ満塁ホームラン。
ファイターズが劇的なドラマでイーグルスを大逆転勝ちし、既に1勝分のアドバンテージを得ている為、日本シリーズ進出まで、あと2つとなりました。

この試合をBSで観ていましたが、まさか9回裏に逆転サヨナラ満塁ホームランが飛び出すなんて思ってもいませんでした。
それに9回裏の札幌ドームの熱気もブラウン管越しから伝わる程に凄い歓声。
イーグルスの中継ぎ以降の弱さもありますが、札幌ドームの雰囲気が呼んだサヨナラ勝ちと言っても過言ではないと思います。


中日7-2巨人
セ・リーグの第2ステージは3年連続で巨人vs中日。
一昨年・ドラゴンズ、昨年・ジャイアンツが制していますが、今年はどちら?
先発はジャイアンツ・ゴンザレス、ドラゴンズ・小笠原の両投手。

試合は1回表から大きく動く。
先頭の井端選手がヒットで出塁し、3番・森野選手のタイムリーで先制。
その後も連打と野本選手の3ランで、シーズン中は苦手としていたゴンザレス投手から大量5点を先取。

初回の大量リードで、試合は完全にドラゴンズペース。
4番・ブランコ選手にホームランが出るなど効果的に得点を奪い、投手も猫の目リレー。
最後は第1ステージから4連投となる浅尾投手が登板して、そのまま逃げ切って、セ・リーグのクライマックスシリーズ第2ステージ初戦は3年連続でドラゴンズが勝利しました。

この試合に関しては、1回表の5点で決まってしまいましたね。
スコアは7-2と5点差で終わった事を考えても、両チームにとって非常に大きく重い1回表だったと思います。

ゴンザレス投手の初回の投球をVTRで観ても、打たれるべくして打たれた甘いボールばかり。
2回以降はホームランの1点に抑えただけに初回の5失点が悔やまれる所です。
いきなり5点取られたものだから、攻撃面でも打って繋ぐしか道はなく、おまけに甘い球を簡単に打ち上げてしまうなど、投打とも本来の出来ではありませんでした。

これでセ・リーグは1勝1敗の五分。
勝ち頭・ゴンザレスで落としてしまったジャイアンツにとって、チェン・吉見と控えるドラゴンズ相手に厳しい戦いになる事は必至の様相。
明日、どちらが勝つかによってシリーズの流れが大きく左右されそうな気がします。

それにしても札幌ドームの試合は凄かった。
野球の面白さと怖さが凝縮された試合。
日本シリーズへの道のりは、なかなかに険しいものです。