ドラゴンズが3年連続東京切符

中日ドラゴンズがセ・リーグのクライマックスシリーズ第1ステージを制して、東京ドームの切符を掴みました。

セ・リーグのクライマックスシリーズ第1ステージ3戦目。
中日ドラゴンズvs東京ヤクルトスワローズの試合は、1勝1敗のタイで決着の3戦目へ。
先発はドラゴンズ・中田、スワローズ・由規の両投手。

試合は初回にスワローズが二死から宮本、青木両選手の連続二塁打で先制。
1点を先制されたドラゴンズは3回に和田選手の2ランホームランで逆転。
逆に1点を追う立場に回ったスワローズは、5回に先発の由規投手に代打を出して勝負をかけるが、ドラゴンズの好守もあって同点ならず。
同点を防いだドラゴンズは、その裏にスワローズの2番手・松井投手から代打・立浪選手のタイムリーなどで3点を追加して4点差に広がる展開。

6回以降は両チームとも継投策に入り、試合は終盤へ。
8回にスワローズがドラゴンズの5番手・浅尾投手から集中打を浴びせて2点差に詰め寄るが、その裏にドラゴンズが2点を取り返して再び4点差でダメ押し。

9回には守護神・岩瀬投手が送り1点は奪われたものの、4番・青木選手を三振に仕留めて試合終了。
セ・リーグのクライマックスシリーズ第1ステージ3戦目はドラゴンズが7-4でスワローズを振り切って第2ステージ突破。
第2ステージで、ジャイアンツが迎え撃つ東京ドーム切符をゲット。

中田、由規の先発と聞いて、1、2戦と違って荒れた試合になると思っていたのですが、思ったよりは締まった試合でした。
ただ、前の2試合に比べるとダラダラ感は否めませんでしたが(爆)

チーム内にA型インフルエンザが蔓延し、先発要員のユウキ、高木だけでなく、前日の試合でホームランを打った川本選手まで感染してしまう緊急事態。
スタメンマスクには、ケガでベンチ待機していた、本来の正捕手・相川選手を起用されましたが、久々にマスクを被った割には、良く頑張っていたと思います。

勝敗のポイントは、やはり5回の攻防だったと思います。
4回まで2失点に抑えていた由規に代打を送ってまで勝負に出ながら追いつけず、逆にその裏に3点取られて点差を広げられてしまうスワローズにとって最悪な展開。
2番手投手に敗戦処理的な役割が多い松井投手をマウンドに送った時点で、何となくドラゴンズが追加点を挙げそうな予感がありましたけどね。

あと五十嵐投手も大誤算。
最後の最後で投手層の差を露呈してしまった名古屋決戦でした。
やはりシーズン負け越しのチームは勝てないようになっているのですかね(汗)

これで第2ステージのカードは3年連続でジャイアンツvsドラゴンズin東京ドームに決定!
レギュラーシーズンでは12ゲームもの差がつけられていたので、2勝分のアドバンテージを与えないと割が合わないような気がしますが勝負は勝負。

それでも1勝分のアドバンテージを得ているジャイアンツ有利に変わりないですが、グライシンガー投手が投げられない不安材料あり。
ドラゴンズとしては初戦勝利が日本シリーズ進出への絶対条件となるでしょう。

パ・リーグの第2ステージもセ・リーグと同じ日に行われます。
今のイーグルスには2005年のマリーンズに似た勢いを感じますね。
どのチームが日本シリーズ進出を決めるのか?
個人的には、リーグ優勝をした巨人vs日本ハムのカードを希望しますw


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ