ドラゴンズが2戦目制し逆王手

セ・リーグのクライマックスシリーズ第1ステージは2戦目。
中日ドラゴンズvs東京ヤクルトスワローズの試合は、この日もナゴヤドームでプレーボール。

1戦目はスワローズが逆転勝ちし、第2ステージ進出へ王手をかけた2戦目。
スワローズが勝って東京ドーム切符を掴むか、それともドラゴンズが逆王手をかけるか?
先発はドラゴンズ・吉見、スワローズ・館山の最多勝投手対決。

試合はドラゴンズが初回に先頭の井端選手の二塁打をきっかけに、相手守備陣の乱れなどで満塁として、5番・和田選手の併殺崩れの間に前日に続いて先制点。
先制されたスワローズも、2回に川本選手にレフトスタンドに2ランホームランを叩き込んで、すさかず逆転するが、その裏にドラゴンズが谷繁選手のホームランで同点に。

3回以降は両投手の投げ合いで試合は落ち着き、両チームとも追加点が入らない状態で、試合は終盤へ。
7回表にスワローズは二死二塁と勝ち越しのチャンスに投手の館山に打順が回るが、スワローズベンチはそのまま打席へ送り無得点。
その裏にドラゴンズは、二死三塁と一打勝ち越しの場面で館山投手を大の苦手としている荒木選手に打順が回ってくるが、その荒木が対館山今季初安打が貴重な勝ち越しタイムリー。

この1点を継投で守ってドラゴンズが3-2でスワローズに勝利。
セ・リーグの第1ステージ2戦目はドラゴンズが制して、対戦成績は1勝1敗の五分。
これで勝敗の行方は第3戦にもつれる事になりました。

リーグ最多勝投手同士の対戦なので投手戦になると思いましたが、1、2回は点の取り合い。
しかし、3回以降は両投手の持ち味が発揮されましたね。
試合を決めたのは荒木選手の決勝打。
今シーズン、館山投手から1本のヒットも打ってなく、この試合でも全くタイミングが合っていなかったのですが、まさか、あの場面で貴重なヒットを打つとは。
やはり短期決戦は何が起こるかわかりません。

スワローズとしては館山投手で落としたのは痛いと思います。
それに追い討ちをかけるかのように、先発要員のユウキ、高木両投手がA型インフルエンザに感染してしまうアクシデント。
ただでさえ故障者が多い中で伝染病に感染してしまって、この先の戦いが大丈夫なのかと不安です。

いずれにしても、残るは3戦目。
ドラゴンズは朝倉、中田、小笠原と誰でも先発で使えるほど、コマが豊富ですが、先発要員を2人欠いたスワローズは、おそらく由規投手が先発されるかと思います。
東京ドーム切符を掴むのは、どのチームになるか興味深い戦いになりそうです。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ