イーグルスが投打に圧倒し札幌切符へ王手

今日からパ・リーグのクライマックスシリーズが開幕。
第1ステージは、クリネックススタジアム宮城にて、チーム三木谷vsチーム孫もとい東北楽天ゴールデンイーグルスvs福岡ソフトバンクホークスの対戦カード。

楽天とソフトバンクは、いわば商売敵。
チーム名がともに鳥だし、お互いに負けられないであろうカード。

先発はイーグルス・岩隈、ホークス・杉内の両エース。
2戦先勝の短期決戦なので、初戦が重要なのだが・・・。

試合は初回から激しく動く展開へ。
ホーム・イーグルスが1回裏に1番・高須選手が先頭打者ホームラン。
更にセギノール選手にも2ランホームランが飛び出して、イーグルスが杉内投手の立ち上がりを捕らえて、いきなり3点を先制。
3回にも、イーグルスは連打や機動力を絡めて得点を重ね、中島選手がポール直撃のホームランを打ち込んで序盤で大量7点を取り、ホークスの先発・杉内投手をKO。

ホークスは4回に岩隈投手から4点を奪って、3点差に詰め寄るが、試合は終始イーグルスペース。
4番・山﨑選手にもホームランが飛び出すなど先発全員安打の猛攻で大量11点。
先発・岩隈投手も4回以外は安定した投球で完投勝利。
パ・リーグのクライマックスシリーズ第1ステージは、11-4でイーグルスが先勝。
第2ステージ進出へ王手をかけました。

岩隈vs杉内の先発だったので、投手戦になるかと思っていたけど、帰宅した時には杉内投手は既にマウンドを下りている、まさかの展開。
VTRで観た限りでは打たれた3本のホームランなどは、球も高ければコースも甘い。
レギュラーシーズンでも7失点はなかったとか。
杉内にとって、今シーズン最悪の投球が最悪の場面で出てしまいました。

シーズン終盤は調子が良くなかった岩隈投手も、決して出来がいいとは言えなかったけど、要所では低めにボールを集める投球。
大差がつき、球数も100球を超えていたので、中継ぎ以降の投手に代わるかと思っていたけど、まさか完投するとは。
地元で開かれるクライマックスシリーズとあって、気合も入っていたようですね。

これでイーグルスが札幌切符へ王手。
ホークスにとっては、エース・杉内投手が打たれて負けてしまったのだから、ただの1敗ではないような気がします。
松中、多村と欠場しているのも痛いかな。

明日は、セ・リーグのクライマックスシリーズが開幕。
イーグルスが王手をかけた第2戦はデーゲーム。
予告先発は、イーグルス・田中、ホークス・ホールトンの両先発。
一気に決めるか、逆王手をかけるか、セ・リーグの第1ステージはどうなるか。
要注目です!


ユーザレビュー:
時代を見据える本本書 ...
時代にタイムリー!  ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ