映画「サブウェイ123 激突」

映画「サブウェイ123 激突」を鑑賞しました。

この映画は、1974年の「サブウェイ・パニック」を、トニー・スコット監督がリメイクしたサスペンス。
突如何者かにハイジャックされたニューヨークの地下鉄を舞台に、犯人グループとの身代金交渉を臨場感たっぷりと見せる。
頭の切れる武装グループのリーダーを演じるジョン・トラヴォルタと、彼との交渉役を務める地下鉄職員役のデンゼル・ワシントンの頭脳戦が見物で、逃げ場のない地下鉄内での先の読めない展開にも注目したい作品。

ストーリーは、午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。
しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。
胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる。
それからガーバー達の長い戦いが始まる。

地下鉄という密室を舞台に繰り広げられる犯罪劇。
アメリカの映画で、よく地下鉄でのバトルをやる作品がありますが、そんなにアメリカの地下鉄って危険なのでしょうか?
日本でも地下鉄サリンがあっただけに、地下鉄って便利な反面怖いですよね。

まぁ、話を横道に逸らしてしまいましたが、結末は予想通りだったとは言え、リアル感があってハラハラドキドキものの展開の連続でした。
冷静沈着な地下鉄職員と、頭が切れる犯行グループのリーダーとの音信だけの駆け引き。
顔の見えない相手だけに、お互いに慎重に話し合うシーンは緊迫感あり。
ともにベテラン俳優という事もあって、彼等の演技を観ているだけでも、充分に惹き込まれますw
そのガーバーとライダーは音信を通じて密室で会話している一方で、外ではパトカーなどがニューヨークの街狭しと公道とは思えないようなスピードで走り回るなど、「静」と「動」を巧く使い分けていた感覚でした。

劇中内で見せたガーバーの弱い部分と仕事場では見せない温和な部分、最後まで自分のペースで動き続けたライダーの頭の良さも印象的。
橋の上では2人のお互いの顔を見て、まるで運命的な出会いに映りました。

最後は、あっさりした感がありましたが、見応えのある展開の連続で個人的には満足。
ただ、ちょっと盛り上がりに欠いたのは残念だったような気がしました(汗)